ニュース
» 2019年12月14日 23時00分 公開

「プロメア」滅殺開墾ビームTシャツが発売中止に 「集団虐殺(ジェノサイド)」表すローマ字に海外ファンから指摘(1/2 ページ)

攻撃的な印象を与える言葉に翻訳されていました。

[ねとらぼ]

 映画「プロメア」に登場する敵役、クレイ・フォーサイトの必殺技「滅殺開墾ビーム」をモチーフにしたTシャツ「PROMARE Apparel collection vol.2 『Tシャツ No.15』」が発売中止になったことが、12月14日に分かりました。



 「滅殺開墾ビーム」とは作品終盤で主人公らを苦しめた必殺技で、本来テラフォーミング用だった技術を攻撃のため転用したもの。その字面の面白さから、日本のファンからは作品を代表するワードとして親しまれていました(関連記事)。

 発売中止となったTシャツにはビル群が開墾される様子を描いたロゴの下に、「Genocide Cultivation Beam」と、滅殺開墾ビームを英訳した一文が添えられていました。



 Tシャツ上のロゴやフォントはかわいかったのですが、民族の集団虐殺を意味する「Genocide」に、「育む」を意味する「Cultivation」を合体させたばかりに、「虐殺を育むビーム」といった差別を肯定する物騒なフレーズに。これに対し海外ファンを中心に「Tシャツにプリントする言葉として適切ではない」といった指摘が相次ぎ、問題を日本語で指摘したツイートも広く拡散する事態となっていました。

 通販サイト「アニプレックスプラス」では発売中止の理由について「Tシャツのプリントが商品として相応しくないと判断した為」と説明。ファンによる指摘が出始めたのは12日の夜ごろからであり、商品も未発売だったため、炎上が本格化する前の迅速な対応だったといえそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む