メディア
ニュース
» 2019年12月15日 08時00分 公開

わんこ2匹がぴったりハグ がんで右前足を失ったわんこに寄り添う先輩わんこ (1/2)

仲良し。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 ゴールデンレトリバーのわんこたちがぎゅっとハグする画像がInstagramに投稿されています。



 雄大な自然の中で寄り添い、ぎゅっとハグをしているわんこたち。2匹ともとても幸せそうな笑顔を浮かべています。抱きしめている白いゴールデンレトリバーのお名前は「ワトソン」くん。赤毛のゴールデンレトリバーのお名前は「キコ」くんです。とても仲の良い2匹、よく見るとキコくんの右前足がありません。キコくんはがんによって右前足を失ったのです。



 キコくんが飼い主さん宅に迎えられたのは2016年のことで、現在は7歳半になります。それまでの経験からキコくんは独りぼっちだとおびえることがあり、時に自分を傷つけることもあったそうです。一緒に住むようになってから最初の数カ月、飼い主さんたちはキコくんから目を離すことができませんでしたが、そんな時一緒にキコくんを支えてくれたのは、先住犬のワトソンくんでした。家族となったその日から、キコくんをぎゅっとハグするワトソンくん。ワトソンくんと一緒にいるキコくんは、いつも穏やかな表情をしています。



 キコくんが骨肉腫と宣告され、右前足を手術で失ったのは2019年5月のこと。3本足となったキコくんですが、少しずつその状態に慣れ、今では少しの時間なら走って遊ぶことができるそうです。

 Instagramには2匹が寄り添ってハグしている写真や、元気に遊ぶキコくんやワトソンくんたちの写真が多数投稿されています。ワトソンくんにハグされているキコくんは、いつも変わらず優しげでとてもうれしそう。キコくんが愛情深い家族とより長い時間を過ごし、これからも幸せに過ごすことを願わずにはいられません。

  

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.