ニュース
» 2019年12月21日 09時00分 公開

字が汚くてもご祝儀袋の名前をきれいに書けるスマホ術が便利 「最高のライフハック」「早く教えて欲しかった」

すぐに試せる!

[宮原れい,ねとらぼ]

 スマホがあればできる、ご祝儀袋に名前をきれいに書く方法が「これだ!」「思いつかなかった……」「名案」とTwitterで好評です。字が汚くてもこれならいける……!



 その方法とは、名前を打ったスマホ画面に紙を置いて、透けた文字を写すだけ。Twitterユーザーのせるこ(@seruko)さんが解説イラストとともに投稿しており、ポイントは、打った名前を画像として保存(スクショ)して拡大・縮小しやすくすることと、文字を写しやすいよう「スマホの明るさを最大にする」こと。あとは縦書きやフォント調整ができるアプリがあればもっと良さそうです。


ご祝儀袋 名前 きれいに書く 方法 スマホ 透かし 文字 写す 宛名 この手があったか……!(画像提供:@serukoさん)

 一度スマホで“名前画像”を作れば何回でも使えるのと、特に変わった道具がいらないのが便利ですが、ペンや筆ペンで書く際は裏移りに注意した方がいいかもしれません(特に油性ペン)。裏移りが不安な場合は間にラップを挟むのもありでしょう。なお、ご祝儀袋の帯は半透明なタイプが写しやすく楽とのことです。

 ちなみにスマホアプリでは、すでに上記のような用途に合わせた文字アプリやトレースアプリが出ており、そちらを利用するのも良さそうです。せるこさんのように名前を書くのが「めちゃくちゃ苦手でギリギリ後回しのあげく汚文字のストレスで発狂」してしまうといった方は是非!


ご祝儀袋 名前 きれいに書く 方法 スマホ 透かし 文字 写す 宛名 iOSアプリ「透かして清書」(App Store

ご祝儀袋 名前 きれいに書く 方法 スマホ 透かし 文字 写す 宛名 Androidアプリ「写せるんです」(Google Play

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」