メディア
ニュース
» 2019年12月16日 17時01分 公開

KDDI、ポイントをPontaに統一へ ローソンなどと提携、会員基盤「国内最大級の1億超」

au WALLETポイントをPontaポイントに統一します。

[ねとらぼ]

 KDDIと三菱商事、ローソン、ロイヤリティマーケティングは12月16日、KDDIのポイント制度を「Pontaポイント」に統一することなどで提携すると発表しました。ポイントの統一は2020年5月以降を予定しています。

フォト ポイント統合とID連携で1億超の会員基盤が誕生(ニュースリリース

 提携では、KDDIから付与する「au WALLETポイント」をPontaポイントに統一するほか、au IDとPonta会員IDを連携します。また、Pontaアプリにスマホ決済サービス「au PAY」機能を、au WALLETアプリには「デジタルPontaカード」機能をそれぞれ実装します。ローソンでのau PAY還元率を高く設定することで、ローソンでの利用促進を図るとしています。

 ポイントの共通化と会員ID、決済サービスの連携で、会員基盤は国内最大級の1億超、モバイル口座数は2200万超、年間ポイント付与額は2000億超になるとのことです。

 今後、KDDIとローソンの強みを生かし、データや金融サービスを絡めた「次世代型コンビニサービス」を展開する計画です。コンビニ来店者向けサブスクリプション型サービスなど新サービスの開発や、モバイルオーダーやロボティクス無人受け取り機などによるストレスフリーな購買体験の実現──などを目指すとしています。

 提携関係を強化するため、KDDIはローソン、Pontaポイントを運営するロイヤリティマーケティングの株式を取得し、資本参加します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.