レビュー
» 2019年12月16日 17時45分 公開

妻を殴って離婚を切り出された相談者「900万円の慰謝料は妥当?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

「その時にちょっと女房殴ったもんですから」相談内容は金&暴力!

[北村ヂン,ねとらぼ]

 離婚にまつわるもめ事が集まった「もう、無理……妻が夫を捨てる時」特集だった「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは12月10日(火)放送の加藤諦三パーソナリティー回。別居中の妻から離婚を切り出され、慰謝料500万円を要求されているという男性からの相談。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

妻を殴った代償が400万円+500万円

 相談者は69歳男性。妻60歳。相談者には離婚歴があり、前妻との間に子どもがいるという。

 「ああ、そうすると一緒に暮らしているのはどなたとですか?」

 「現在はひとりです」

 前妻や子どものみならず、結婚3年目の妻とも別居中。それどころか、1カ月前に離婚調停の通知が届き、慰謝料を500万円、さらに月8万円を要求されているという。

 「その金額が妥当なものか、お伺いしたいという……」

 これだけなら、まあ普通の離婚に関する相談だが、別居に至る前にもひと悶着あったようだ。

 「10カ月くらい前に400万くらいのお金を支払ってるんですが……」

 「アナタが奥さんに400万円?」

 「その時にちょっと女房殴ったもんですから」

 この相談者、語り口は穏やかなのに、相談内容は金&暴力!

 殴った際に「400万円を渡せば警察に障害届(被害届?)を出さず、すべて忘れる」と妻から提案され、お金を渡したのに、結局別居し、離婚を切り出され、さらに500万円を要求されているのだ。

 「すべて忘れて新たにやり直すっていう話だったんですが……」

 それでは殴ってしまった原因は何だったのだろう。

 「仲が悪いっていうよりも、イライラしてつい殴ってしまったっていうことなんですが……。そのイライラする原因が、夜の生活ができなかったっていうことなんですね」「ただし、他の方法で、多少セックスらしきことはしたっていうことなんですね。ただ、下着は脱がなかったっていうことで」

 69歳と60歳の夫婦でも、“夜の問題”が出てくることはある。手なのか口なのか、一応手伝いはしてくれたということらしい。

 夜の生活からは逃げられ、食事面でも、自分が肉と魚が好きではない妻は、相談者が「もうちょっと出してくれ」と要求しても応えてくれなかった。そういったことが積み重なって殴ってしまったと話す。

相談者の振るった暴力はどの程度のものだったのか?

 この日のアドバイザーは弁護士の大迫恵美子。まず気にしたのは「夜の生活ができなかった」のレベル。相談者が結婚したのは3年前だが、その前に半年間の交際期間があったという。

 「交際の間には性的な関係はあったんですか?」

 「1回だけですね。結婚の前後だと思うんですが」

 結婚前、結婚後合わせても1回しか関係を持っていないと話す相談者。妻は「(そういうことが)好きでない」と言っているようだが、そのことは結婚前に分かっていたのだろうか?

 相談者が請求されている500万円+月8万円のうち、月8万円に関しては、おそらく「婚姻費用」(夫婦が別居する際に、収入が少ない側が多い側に請求できる生活費)として請求されているため、離婚が成立すれば払わなくてもよくなる。

 問題は、殴った時に払わせられた400万円と今回の500万円だ。

 「アナタとしては(額が)多いんじゃないかということですよね?」

 「はい」

 まず、400万円に関しては(高い安いはともかくとして)「告訴するのを取りやめる」ために支払ったお金なので、今から返してくれというのは通用しないと指摘。しかし相談者は納得しない。

 「すべて忘れるからっていうことで払ったわけですよね。ただ今回のその(離婚)理由が『暴力を振るうから』っていう理由であったとすれば、『忘れてない』ってことにはならないんでしょうか?」

 「すべてを忘れることの対価として400万払うっていう慰謝料はないんですよ」

 400万円は諦めるとして、次は慰謝料の500万円が妥当かどうかということだ。ここでポイントになってくるのが「暴力の程度」。

 「傷害罪で告訴するというような話になっちゃうっていうのは、ついちょっと手が上がったみたいな話じゃないですよね?」

 「んー……そうかもしれないですね、ええ」

 「たぶん殺されると思ったと思うんですよ。半殺しみたいなイメージですけどね」

 ここはもっと突っ込んで欲しかったところ。大迫先生は思い込みで「半殺しにした」前提で話を進めていたが、実際にどの程度の暴力だったのかは言及されていない。

 「これ(慰謝料を)払ってしまうと、アナタがとても困るような状態なんですか?」

 「いえ、生活はできると思います」

 「だったらお支払いになったらどうですか?」「(慰謝料をケチッたら)アナタのこれからの評価って言うか、人としての意味っていうかね、そこにも影響してくるようなことじゃなりません?」

 500万円が高いの何だのとグズグズ引き延ばしても「婚姻費用」の月8万円がかさむだけなので、さっさと払うものを払って離婚を成立させてしまう方が得策だと勧めた。


テレフォン人生相談 すべてを忘れることの対価として400万払うっていう慰謝料はない イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する