ニュース
» 2019年12月17日 08時30分 公開

電車・バス内でのベビーカー「折りたたまない」に8割以上が賛成、若年層ほど理解 国交省調査

ベビーカーマーク自体の認知度は約3割。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 国土交通省が、ベビーカーマーク(関連記事)に関する意識調査について発表しました。そのなかで、「電車やバス内でベビーカーを閉じなくてもよい」とする同省の決定について、8割以上が賛成しているとの結果が出ています。


ベビーカー優先マークベビーカー禁止マーク ベビーカー優先マークとベビーカー禁止マーク。公共交通機関等におけるベビーカー使用の可否を示す

 調査対象は日本に居住する15〜89歳の男女1000人(男性505人/女性495人)。「電車・バスなどでベビーカーを閉じないこと」については全体で82.6%が賛成しています。また、19〜20代の賛成者は合計9割以上と、中高年よりも若者のほうが理解しているとの傾向が表れています。


閉じないことへの賛否 当然ながら、ベビーカーを必要とする親の多い、若年層ほど賛成する傾向に

 反対意見としては、「混雑時は他の乗客の迷惑になる」(68.4%)「混雑時はベビーカーの子どもの安全が確保できない」(48.3%)「出入口付近にいることが多い」(40.8%)が上位となりました。なお、「ベビーカーの使用者が周囲に気遣いできているか」については、使用する側はどの年代も9割前後が「そう思う」と自己評価。その一方で、全体では「そう思う」が24.9%、「どちらかというとそう思う」が40.5%で、4分の1程度は「気遣いがない」と考えているとの結果が出ています。


反対意見 ベビーカーを閉じないことに反対の理由(複数回答)

使用者側 「あなたが、電車やバスなどでベビーカーを折りたたまずに使用する際に、周囲の人や通行者との接触や妨げにならないようにするなど、周囲に気遣いをしていると思いますか」に対する、ベビーカーを折りたたまなかったことのある人の回答

第3者 「あなたは、『電車やバスなどでベビーカーを使用している人』が、周囲の人や通行者と接触したり、妨げになったりしないようにするなど、周囲に気遣いをしていると思いますか」に対する、全体の回答

 なお、ベビーカーマーク自体の認知度は、「見たことがあり、意味まで知っていた」(16.1%)と「見たことはないが、意味は知っていた」(14.7%)を合わせて30.8%。普及する手段については約7割が「テレビや新聞などを通じた周知活動が効果的」と回答しており、国交省は「広く普及させるためには、引き続き『公共施設・交通機関・商業施設』などで啓発するとともに、マスコミでの周知活動を併用することが重要ということが再確認された」としています。


認知度

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」