ニュース
» 2019年12月17日 20時00分 公開

「刃牙さんとジルベールは似ている」 BL愛好家が「刃牙」シリーズの魅力をプレゼンするイベントの“圧”が強かった話(1/2 ページ)

ッッ!?

[池谷静,ねとらぼ]

 『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』の刊行を記念して、ボーイズラブ研究家の金田淳子さんが 人気格闘マンガ『グラップラー刃牙』シリーズの魅力をプレゼンするイベントが2019年12月5日に東京・下北沢「本屋B&B」で開催されました。

刃牙

 『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』(通称『ばきろく』)はボーイズラブ研究家の金田淳子さんの初単著。昨年夏まで『刃牙』シリーズ未読だった金田さんですが、何気なく最初の数冊を読んだことによって、「濃厚なボーイズラブなのでは?」「乙女の必読書なのでは?」という想念が止まらなくなり、『刃牙』への熱い想い、熱いおじやが溢れ出すままに、noteで刃牙愛をつづっていきました。この感想シリーズを元に、秋田書店の協力を得て、河出書房新社から刊行されたのが本書。ボーイズラブ格闘家(グラップラー)と『刃牙』の真剣勝負、殺し愛の記録をつづった奇書です。

 イベントでは、書籍での語りと同様、金田さんが「刃牙=BL」説を熱弁する展開に。登壇者も来場者も“圧”に心を動かされた様子をレポートします。

刃牙 イベントのスペシャルドリンクは「炭酸抜きコーラ」
刃牙 抜かれています(炭酸が)

百聞は一見にしかず 百見は一触にしかず

 登壇したのは金田淳子さん、福田里香さん(お菓子研究家)、三角絞めさん(覆面ブロガー)の3人。

 『グラップラー刃牙』全選手入場シーンにちなんだコールとともに入場。「『三角絞めでつかまえて』こそが映画ブログの代名詞だ!!  まさかこの男がきてくれるとはッッ 覆面ブロガー三角絞め!!」「全作品のベスト・カップリングは私の中にある!! お菓子とマンガの神様が来たッ  福田里香!!」「ボーイズラブは実戦で使えてナンボのモン!!! 超実戦BL!! 日本から金田淳子の登場だ!!!」――とコールがかかると、会場から拍手が湧き上がりました。

 金田さんと刃牙の出会いは約1年ほど前、あるWebコミックサイトで『刃牙』シリーズの一部が無料試し読みキャンペーンをしていたのがきっかけ。その9冊(『グラップラー刃牙』1〜3巻、『バキ』1〜3巻、『範馬刃牙』1〜3巻)の中には、主人公の範馬刃牙が何かにつけて男を誘惑する場面や、他の男性キャラクターが男を誘惑する場面、男が男を執拗につけ狙う場面があったといいます(金田談)。そんな数々の場面を目撃した金田さんは、『刃牙』はBL(ボーイズラブ)作品なのではないか?と感じたとのこと。

 『刃牙』といえば1991年から続く人気格闘マンガ。記者ももちろん知ってはいますが、格闘マンガとしてしか読んだことがありませんでした。BL……?

 ここから怒涛(どとう)のプレゼンがスタート。『刃牙』のBLなシーンとして金田さんが挙げたのは、『グラップラー刃牙』第1話、刃牙が空手団体「神心会」会長・愚地独歩から突然のパンチを受け、独歩の拳の先に「CHU(ハートマーク)」とキスをするくだり。

 「ありがとうという気持ちでいっぱいになった、素晴らしすぎる第1話ですね。最初に『刃牙』を読んだときに一番度肝を抜かれた場面で、『続きを読まなければならない』と思いました。キスされた独歩も特に驚いてはおらず、『よくあること』的なリアクションをしているのもよい。少年マンガとしてはかなり不思議な世界観だと思うんですが、『だが、それがいい』と思いました」(金田)

刃牙 「CHU」のシーンに金田さんが受けた衝撃(イラスト:金田淳子)

 続けておもむろに「刃牙さんグラビア集」(お気に入りの単行本表紙と扉絵)を紹介。

 「作中の内容とは全く関係なく、刃牙さんが水の中などに入りシズル感を出している」「刃牙さんは美少女」「『バキ道』の2巻があまりにもアイドルマンガ」(金田)

 金田さんが“アイドルマンガ”と評した『バキ道』2巻については、三角締めさんから「これは相撲の立合いです」と冷静なツッコミが入る一場面も。しかし金田さんのプレゼンに影響を受けた福田さんから「あきらかに胸の谷間を寄せるポーズ。これが相撲だったらグラビアアイドルが全員、四股(しこ)を踏んでいることになる」という意見が出るなど、“格闘マンガの視点”からの鑑賞のほうが、むしろ土俵際まで追い詰められていきました。

(注)立合い…相撲において、両力士が蹲踞(そんきょ)の姿勢から立ち上がって取組を開始する瞬間のこと。


 こうして“目覚めた”視点から見ていくと、刃牙の父親範馬勇次郎の「闘いはSEX以上のコミュニケーションだ」「アンタとヤリたかった」という発言は“刃牙BL論”を補強するかのようです。

 「範馬勇次郎は強い男が好きなんですよ。よく分からないけど『強ェェ男には芳香(かお)りがある』と言い出す。13歳の刃牙さんと戦ったときにも、『世界中探したって、これだけの芳香(ほうこう)にはそう出遭えるものじゃない』『オレの好きな芳香(かお)りだ』と言う。強い男たちが集まっている場に、勇次郎はいつも『いい芳香(かお)りだ』って言いながら入ってくるんですね」(金田)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」