ニュース
» 2019年12月17日 15時30分 公開

ポケモンGOのeスポーツ大会が開催決定 ポケモン集め→バトルの2段構えで体力&知力が試される

予選のポケモン集めが早かった順に上位16人が決勝トーナメントへ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Pokemon GO(ポケモンGO)の大会「『ポケモン GO』ゲット&バトルトーナメント」が、2020年1月11日にeスポーツ関連産業の展示会「東京eスポーツフェスタ」(東京ビッグサイト)にて開催されることになりました。会場でポケモンを集めるところから始まる、位置情報ゲームならではの競技が企画されています。


ポケモンGO大会

 プレイヤーはまず予選にあたる「ゲット大会」に参加。お台場を歩いて大会限定のポケモン集めに挑戦し、クリアタイムを競います。

 タイムが早い上位16人はトーナメントの出場権を獲得し、トレーナーバトルで頂点を目指します。使用できるのはゲット大会で捕まえたポケモンのみ。ゲームの知識だけでなく、ポケモンを集めるうえでのカンや体力も要求されるわけです。


トレーナーバトルトレーナーバトル 決勝はトレーナーバトルで競うため、参加にはトレーナーレベルが10以上必要

 参加できるのは、2019年12月26日までに応募フォームにエントリーし当選した、小学生以上のプレイヤー。小学生は保護者同伴、中学生と高校生および準ずる年齢の人は当日に保護者同意書の提出が必須となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」