メディア
ニュース
» 2019年12月18日 08時30分 公開

PDAとか懐かしすぎだろ 物理キーボード搭載の“スマホPDA”「Cosmo Communicator」登場

QWERTYキーボードが付いた、折りたたみ式のAndroid 9.0搭載機。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ノートPCを縮小したような折りたたみ式スマートフォン「Cosmo Communicator」が、12月21日に8万8000円(税別)で発売されます。販売元のリンクスインターナショナルが「スマートフォンPDA」と呼んでいて、「PDA(Personal Digital Assistant)」の響きだけで懐かしさがこみあげてくる。


Cosmo Communicator Cosmo Communicator

Cosmo Communicator メインディスプレイは約6インチ

Cosmo Communicator 1.91インチのサブディスプレイを搭載。閉じた状態でも、通話はもちろん通知の確認もできる

Cosmo Communicator サイズは幅171.4ミリ、奥行き79.3ミリ、高さ17.3ミリ。重量は約326グラム

Cosmo Communicator 小型のPC感覚で使えます

 約6インチ(2160×1080ピクセル)の液晶ディスプレイと24メガピクセルカメラ(フロントカメラは5メガピクセル)、メモリ6GB、ストレージ128GBを備えたAndroid端末。OSはAndroid 9.0、チップセットにはMediatek Helio P70を採用しています。特徴的なQWERTY物理キーボードは、暗所でも見やすいバックライトを搭載。くぼみのある打鍵しやすいキーを採用しているとのことです。


Cosmo Communicator キーボードのバックライトは5段階の調光が可能

 背面にも1.91インチのタッチ式ディスプレイ(570×240ピクセル)を搭載しており、閉じたままでも通知のチェックや通話といった操作が可能。自撮り用のディスプレイとしても使えます。


Cosmo Communicator

Cosmo Communicator サブディスプレイの下部に指紋認証センサーが配されている

 インターフェースはeSIM互換のnano SIMスロット2基(1基はmicroSDカードスロットと排他利用)、USB Type-C2基とヘッドフォンジャック1基。ビックカメラグループやヨドバシカメラ、ツクモ、PCワンズで取り扱われます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.