連載
» 2019年12月18日 20時15分 公開

【オタ母あるある漫画】スマホの予測変換が推しの名前を覚えていて、子どもにツッコまれる事態に

子どもの口から推しの名前が出てくるとめっちゃ焦る。

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。家族にはオタの顔はオープンにはしていませんが、オタ友とLINEで交わすオタトークが日々の癒やし。しかしその癒やしが、ちょっとだけ気まずい出来事を引き起こす……!

 とある平日の夜のこと。夕ご飯のあとに皿洗いなど家事をしながら、長男くんに「明日の学校の準備は?」と聞くフミエさん。数分後、やはりというべきかなんというべきか、「ママー、漢字ノートがない〜」と明日必要なノートがないことを言い出します。もっと早く言ってくれ〜!

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 長男くんは「パパにメールして買ってきてもらうからケータイかしてーっ」と頼んできます。全くもう……と思いつつスマホを貸すフミエさん。ここまでは“母あるある”です。

 ところが……「パパへ かんじノートをかって」とメールを送ろうとした長男くんは、ドキッとすることを言ってきます。

オタ母あるある
オタ母あるある

 「(『かんじ』の)予測変換に『かつみ』ってでてくるんだけど」。思わず飲んでいたお茶を吹き出しそうになるフミエさん。この「かつみ」とは、フミエさんの推しの名前です(※仮名)。そう……オタ友との日々のオタトークでスマホが推しの名前を覚えてしまっていたのです。

オタ母あるある
オタ母あるある

 焦るフミエさんに、長男くんは「いいんだよ……かくさなくても」と見透かし顔。チラッと投げた視線の先には、それとな〜く置いている推しが出演しているDVDが。もしかしたら長男くん、母の“オタとしての顔”を察しているのかもしれませんね……! でも、子どもの口から推しの名前が出てくるのは心臓に悪いもの。無理だとは思いつつ、気づいていても気づかないふりをしてほしいところです……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」