連載
» 2019年12月18日 20時15分 公開

【オタ母あるある漫画】スマホの予測変換が推しの名前を覚えていて、子どもにツッコまれる事態に

子どもの口から推しの名前が出てくるとめっちゃ焦る。

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。家族にはオタの顔はオープンにはしていませんが、オタ友とLINEで交わすオタトークが日々の癒やし。しかしその癒やしが、ちょっとだけ気まずい出来事を引き起こす……!

 とある平日の夜のこと。夕ご飯のあとに皿洗いなど家事をしながら、長男くんに「明日の学校の準備は?」と聞くフミエさん。数分後、やはりというべきかなんというべきか、「ママー、漢字ノートがない〜」と明日必要なノートがないことを言い出します。もっと早く言ってくれ〜!

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 長男くんは「パパにメールして買ってきてもらうからケータイかしてーっ」と頼んできます。全くもう……と思いつつスマホを貸すフミエさん。ここまでは“母あるある”です。

 ところが……「パパへ かんじノートをかって」とメールを送ろうとした長男くんは、ドキッとすることを言ってきます。

オタ母あるある
オタ母あるある

 「(『かんじ』の)予測変換に『かつみ』ってでてくるんだけど」。思わず飲んでいたお茶を吹き出しそうになるフミエさん。この「かつみ」とは、フミエさんの推しの名前です(※仮名)。そう……オタ友との日々のオタトークでスマホが推しの名前を覚えてしまっていたのです。

オタ母あるある
オタ母あるある

 焦るフミエさんに、長男くんは「いいんだよ……かくさなくても」と見透かし顔。チラッと投げた視線の先には、それとな〜く置いている推しが出演しているDVDが。もしかしたら長男くん、母の“オタとしての顔”を察しているのかもしれませんね……! でも、子どもの口から推しの名前が出てくるのは心臓に悪いもの。無理だとは思いつつ、気づいていても気づかないふりをしてほしいところです……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む