メディア
ニュース
» 2019年12月19日 08時30分 公開

酒飲みの夢が詰まった「酒ガチャ福袋」がKURANDから発売 高価なヴィンテージものが入ってるかも?

おちょこなどのオリジナルグッズも入っています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 お酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」が、「酒ガチャ福袋2020」を発売しました。価格は1〜3万円で、2020年1月20日まで限定販売。同社がパートナー酒蔵と共同開発した日本酒と果実酒を詰め込んだという、酒飲みにはそそられる福袋です。


酒ガチャ

 福袋は松竹梅の3プランを用意。1万円の梅には5本、2万円の竹には9本、3万円の松には12本のお酒が同梱されています。内容はランダムで、非売品のレアものや高価な品が含まれることも。場合によっては通常で買った場合の26〜45%オフに相当する内容で、上位のプランほど得する設定になっています。


酒ガチャ

酒ガチャ 純米大吟醸酒の「酒を売る犬 酒を造る猫」と「理系兄弟 2020年お正月限定版」。いずれも梅プランにのみ入っている可能性のある、福袋限定バージョン

酒ガチャ スパークリング日本酒「白那(ハクナ)」。本来は4200円の品

酒ガチャ 通常価格は8000円の、スパークリング日本酒「白那 Rose(ハクナ ロゼ)」。こちらは松・竹プランが対象

酒ガチャ ヴィンテージ梅酒「UMESHU THE AMBER」。通常価格は1万5000円で、松・竹プランが対象

 全てのプランに、オリジナルのおちょこと専用きんちゃくが同梱。KURANDで使える3000〜1万円分のクーポンも同封されます。


酒ガチャ

※価格は全て税別




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.