ニュース
» 2019年12月19日 21時30分 公開

野鳥の情報が1冊に 雑誌『BIRDER』の特別付録「BIRDER DIARY」が便利そう

バードウォッチングに行きたくなる。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 バードウォッチング雑誌『BIRDER(バーダー)』2020年1月号(12月16日発売)の特別付録に、野鳥の観察に活躍してくれそうな手帳「BIRDER DIARY」が付いています。価格は1210円(税込)。

BIRDER DIARY 『BIRDER』1月号の特別付録「BIRDER DIARY」

BIRDER DIARY

 「BIRDER DIARY」はバードウォッチャーのための“使える”情報を集めた手帳。北海道から沖縄まで12カ所の施設の協力のもと、前年度に確認された約100種の鳥たちの初認・終認日、珍鳥渡来日を記載しています。

 さらに、野鳥の観察に適した自然観察施設リストの一覧、亜種や外来種も含めた日本の野鳥チェックリスト、宿泊しながらバードウォッチングをできる宿情報などを掲載しています(横98ミリ×縦165ミリサイズ、80ページ)。

BIRDER DIARY 表紙写真は野鳥写真家・叶内拓哉さん撮影の「アオゲラ」
BIRDER DIARY BIRDER DIARY 2020/サンプル見本
BIRDER DIARY いろいろ役立ちそう

観察地(協力をした自然観察施設)

春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター/ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター/福島市小鳥の森/谷津干潟自然観察センター/東京港野鳥公園/横浜自然観察の森/ビュー福島潟/豊田市自然観察の森/湖北野鳥センター/姫路市自然観察の森/米子水鳥公園/きらら浜自然観察公園/油山市民の森/漫湖水鳥湿地センター

BIRDER特製!2020年 上半期 卓上カレンダー

 もう1つの付録は「BIRDER特製!2020年 上半期 卓上カレンダー」。切り取って組み立てると、おしゃれな三角柱のカレンダーが完成します。

BIRDER DIARY 「BIRDER特製!2020年 上半期 卓上カレンダー」
BIRDER DIARY デスクの上を彩ります

『BIRDER』1月号

 本誌の特集は「ツグミ類 事典」。冬鳥「ツグミ」とその仲間である「ツグミ類」の観察方法や識別方法、観察の楽しみかたを紹介しています。

BIRDER DIARY 『BIRDER』1月号 表紙写真は大橋弘一さん撮影のツグミ

新連載

 1月号からは2つの新連載もスタートします。写真家・うえだこうじさんによる新連載【雀と一休み】は、毎号巻頭カラーで愛らしいスズメたちの姿を紹介予定。野鳥写真家・大橋弘一さんの新連載【鳥たちの素敵な名前の物語】では、和名・英名・学名など、鳥たちの種名を解説します。

BIRDER DIARY 2つの新連載もスタートします

専用ARアプリ「文一AR」

 『BIRDER』の発行は文一総合出版。専用のARアプリ「文一AR」(AndroidiOS)では、複雑怪奇と称される「トラツグミ」のさえずりや、「BIRDER DIARY」に掲載された一部の宿のPR動画が楽しめます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響