ニュース
» 2019年12月19日 19時03分 公開

まるで新体操のリボン 太田雄貴と日本企業が共同開発したフェンシング視覚化システム公開、東京五輪採用を目指す

実現してほしい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 フェンシング選手の太田雄貴さんが12月17日、RhizomatiksDentsu Lab Tokyoと共同開発したフェンシング視覚化システム「Points of a sword visualization system」をInstagramで公開しました。剣先の軌道をリアルタイムでAR合成して新体操のリボンのように表示するもので、初心者でも何が起きているのか一目で理解できるようになりそうです。


フェンシング 太田雄貴 Points of a sword visualization system Dentsu Lab Tokyo Rhizomatiks 剣先の軌道が赤と緑の光でリアルタイムに表示されます(画像は太田雄貴Instagramから)

フェンシング 太田雄貴 Points of a sword visualization system Dentsu Lab Tokyo Rhizomatiks 駆け引きが分かりやすくなりそうです(画像は太田雄貴Instagramから)

フェンシング 太田雄貴 Points of a sword visualization system Dentsu Lab Tokyo Rhizomatiks ポイントが入ったところ(画像は太田雄貴Instagramから)

 このシステムの名称は「Points of a sword visualization system」で、「高円宮杯 JAL PRESENTS FENCING WORLD CUP 2019」で披露されたとのこと。全日本選手権に続き、今回で2度目の実戦投入となりました。

 モーションキャプチャーとAR技術をつかって剣先の軌跡を可視化しており、瞬時に繰り出されるさまざまな技をアイコンに変換しリアルタイムで表示します。開発を主導したのは、Rhizomatiksの花井裕也さん。

 太田さんはこのシステムについて「ようやくここまできた」「TOKYO2020で何とか実現したい」と語っており、五輪で見られるかどうかは未定のもよう。コメント欄では海外からも期待の声が寄せられており、ぜひ実現してほしいところです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.