レモンサワーの味が製造所で全然違う! Twitterで話題の「檸檬堂」を飲み比べ、コカ・コーラに問い合わせるも「味わいには影響ない」

確かに味が違う印象を受けました。

» 2019年12月20日 20時20分 公開
[ねとらぼ]

 日本コカ・コーラから発売中の「こだわりレモンサワー 檸檬堂 鬼レモン」が、「製造所によって味が違う」としてTwitterで話題に。一見すると全く同じパッケージですが、食品表示を確認すると「山口県」「埼玉県」2カ所の工場で作られていることが分かります。

 ねとらぼ編集部では、両製造所の「鬼レモン」を実際に入手。飲み比べて検証したうえで、日本コカ・コーラに問い合わせを行いました。


全く同じパッケージですが……

製造所が違います(左は「山口県」、右は「埼玉県」)

 「こだわりレモンサワー 檸檬堂」シリーズは、2018年に九州限定で発売され、2019年10月より全国展開を開始した缶チューハイです。

 レモン果汁を大胆に使用したフルーティーな飲み口が特徴で、“ストロング系”をうたう「鬼レモン」に含まれる果汁は内容量の17%。一足先にお店に並んだ九州では、お酒好きから高い評価を獲得しました。

 ところが、そんなファンから辛口な評価が飛び出しています。全国進出に伴って製造ラインを拡大したのでしょう。新たに登場した「埼玉県の製造所で作られた鬼レモン」の味が、以前と全く異なるというのです。


色味に違いはなさそう?

 実際に両製造所の「鬼レモン」を入手し、ねとらぼ編集部で飲み比べを行ったところ、検証に参加した8人中6人が味の違いを感じる結果に。

 6人に共通していたのは、もともと販売されていた「山口県の製造所で作られた鬼レモン」にレモンの甘みを強く感じた点です。

 一方の「埼玉県の製造所で作られた鬼レモン」は、レモンの甘さが控えめなぶん(それでも十分に濃いですが)、アルコールの味が強い印象。そのような理由からか、お酒が苦手な編集者ほど明確に味の違いを感じ取る傾向がありました。

 なお食品表示に記載されている限りでは、原材料名や果汁の割合に違いはありません。


編集部の感想(山口県の製造所)

  • 編集者A「ジュースみたいな飲み口で、かなり甘い。酒は苦手だけどこれなら飲める」
  • 編集者B「言われなければアルコール度数9%と気付かないかも」
  • 編集者C「缶チューハイでこのクオリティはあっぱれ」
  • 編集者D「全然違いが分からん」

山口県の製造所で作られた鬼レモン。レモンの甘みが濃くて飲みやすい印象

 

編集部の感想(埼玉県の製造所)

  • 編集者A「山口県のものと全然違う。アルコールの主張が激しい。これなら買わないと思う」
  • 編集者B「こっちの方が酒飲んでる感があって好き。さっぱりした甘さで唐揚げにも合いそう」
  • 編集者C「レモンの味はまだまだ濃いけど、他のストロング系チューハイにちょっと近づいた印象」
  • 編集者D「全然違いが分からん」

埼玉県の製造所で作られた鬼レモン。さっぱりしていて唐揚げに合いそう

 改めて両製造所について調べてみると、アルコールを強く感じた「埼玉県の製造所」は日本コカ・コーラの自社工場であるのに対し、レモンの甘みが引き立っていた「山口県の製造所」は別会社にOEMを委託している模様。こうした事情が味の違いに影響したのかもしれません。

 日本コカ・コーラ広報部に問い合わせを行うと、以下のような回答が返ってきました。

 本製品は、原料の一部に天然物を使用しているため、最終製品の液色に差異が見られる場合がありますが、味わいには影響ないことを確認しています。
 現時点で同様のお客様からのお問い合わせを複数件頂戴しておりますが、真摯に受け止め今後の製品開発の参考にさせていたければと考えております。


 感じ方には個人差があるとはいえ、フルーティーな甘みを愛好していたファンは違いに気付きやすかったのかもしれません。Twitterでは、「山口県の製造所で作られた鬼レモン」の味を求めて、スーパーやコンビニを巡る人も現れています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評