「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が“全く別の新しい映画”になった理由 花澤香菜の声の催涙効果を見よ(1/2 ページ)

全く別の映画に生まれ変わった「この世界の片隅に」。

» 2019年12月21日 19時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 12月20日より公開されている「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が、とんでもない映画だった。


「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 が“全く別の新しい映画”になった理由を解説!花澤香菜の声の催涙効果を見よ! (C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 本作は2016年に公開され、絶賛の嵐で迎えられた「この世界の片隅に」に、250以上の新規カットを描き加えた“新作”だ。詳しい理由は後述するが、この作品に“エクステンデッドバージョン”や“ディレクターズカット版”という呼称は似合わない。掛け値なしで“全く別の新しい映画”と呼ぶにふさわしい内容になっている。



 結果的に「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の上映時間は、先行上映されていた2時間40分版からさらに伸び、2時間48分となった。2010年の「涼宮ハルヒの消失」の2時間42分も超えた、アニメーション映画としては破格の上映時間である。

 そして同作が、その長い上映時間をかけた長い物語を劇場で体験してこその、唯一無二の幸福な体験ができる、新たなる大傑作であることを強く訴えておきたい。

 さらに、今回で初めて登場する、あるキャラクターを演じた人気声優の花澤香菜の声の催涙効果が、史上最強クラスとなっていたということもさらに強く強く訴えたい。花澤香菜のファンは明日地球が終わろうとも見てください(切実)。

 ここからは、2016年に公開された「この世界の片隅に」(以下、便宜上“2016年版”と記す)から何が変わり、どのような作品になっていったのか……その魅力を記していこう。


同じシーンでも意味が違って見える 遊郭の娘“リン”の存在

 「この世界の片隅に」は戦時下の困難の中にあっても、懸命に日々を生きていく人々の姿を丹念につづっていた作品だった。徹底的な時代考証が細部の描写にまで反映され、豊かな表情をつくるキャラクターみんなが愛らしく、“あの時代の生活”をリアルなものとして体験することができた。いくら褒めても褒め足りない、何度見ても新しい発見がある、後世にずっと伝わってほしい名作だった。


2016年版「この世界の片隅に」の予告編

 重要なのは、片渕須直監督が2016年版の時点で、それを“完全版”だと認識していたことだ。

 その理由は、命題の1つであった「戦争を生きるリアルな空気感を伝えること」が存分に達成できたこと、そして「(こうの史代の原作マンガを)2時間前後の映画して成立できたから」と考えていたからだという。

 2016年版で片渕須直監督は、主人公の“すず”と、その義理の姉となる“径子”をメインストーリーに置くことを決めていたそうだ。その結果、原作マンガに登場していた遊郭の娘“リン”のエピソードはバッサリとカットされることになったのだが、そこには「中途半端にリンを描くと“添え物”のようになってしまうから」という考えもあったのだそうだ。

 つまり、2016年版でリンの存在がほんのわずかにしか描かれなかったのは、片渕須直監督が彼女を本当に大切に思っていることの証明でもあったのだ。

 そして、新たにつくられることになった「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」では、リンのエピソードがたっぷりと登場する。原作マンガを未読の方もいるだろうから詳細は伏せるが、リンとすずの関係性は親友どうしというだけでなく、複雑な愛憎が入り混じる、“オトナ”な印象も強くなっていくのだ。



 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の新規シーンは約39分間、言い換えれば残りの2時間9分は2016年版から全く変わっていない“はず”なのだが、リンというキャラクターの存在により、すずの心情や、その行動の印象がガラリと変わっていく。

 2016年版を既に見た人にとって(原作マンガを読んでいた人も)、これは衝撃的に感じるのではないだろうか。同じシーンのはずなのに、前後に挿入されたリンのエピソードのおかげで、そのシーンに内包されていた“意味”が全く異なって見えるのだから。これを唯一無二の映画体験と呼ばずに、何というのだろうか。

 事実、片渕須直監督も「これは“おまけ”でつけられる内容じゃない」「特典とかじゃ済まない内容になっている」などと強く訴えている。“本当に全く別の映画になった”ということ、もしくは“もう1つの完全版”を期待して、劇場に足を運んでほしいのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  7. /nl/articles/2405/30/news040.jpg 釣り人が捨てたフグを保護→ありえない量のエビを与えたら…… 笑いと驚きの結果が反響を呼ぶ「大笑いしてしまいました」
  8. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  9. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  10. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評