メディア
ニュース
» 2019年12月22日 09時00分 公開

イブの日、同僚に誘われたのに……フラグを折ってしまった漫画に「まだ間に合う」と応援の声

察して……!

[ねとらぼ]

 クリスマスイブの日、同僚に食事に誘われたのに――何気なくフラグを折ってしまった漫画が反響を呼んでいます。作者は漫画家の千氏夜(@sensiya_sensya)さん。

そうじゃないんだ……

 エレベーターに乗り合わせた佐伯くんと青木さん。青木さんは「来週の火曜日」に仕事の打ち上げとして食事をしようと誘います。その日がクリスマスイブだということに気づいた佐伯くんですが、青木さんが自分なんかと2人で過ごしたいわけがない、と他の人にも声をかけると申し出ます。いやいや、そうじゃない、そうじゃないよ!

 謎の間が空いて「お願いします」と青木さん。その“間”に気づくも、イブに誘われたのは偶然だと自分に言い聞かせる佐伯くんですが……「流石に日にちで察してほしかったです……ばか……」と青木さんはエレベーターを降りていってしまいます。佐伯くんは閉じたドアの前で立ち尽くすのみ……。バカバカ!

あああ……

 せっかく立ったフラグを鈍感ゆえに折ってしまった佐伯くん。このあとリカバリーできたのか気になります。読者からも「まだ間に合う」「追いかけろ」と応援の声が寄せられています。がんばって!

 千氏夜さんはTwitterやpixivでさまざまな恋愛漫画を公開中。激甘オムニバス学園ラブコメ『恋愛しんふぉに〜』も出版しています。

画像提供:千氏夜(@sensiya_sensya)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.