ニュース
» 2019年12月23日 08時00分 公開

枕を持ってスヤァ……な埴輪 みんな知ってる古代の美術品が眠そうな「ネム遺跡」ミニチュアフィギュア登場

太古の人たちに怒られないかな、これ。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 古代の遺跡から発掘された、誰もが知っている美術品をモチーフにしたミニチュアフィギュア「ネム遺跡 〜太古の眠りから未だ覚めぬ者たち〜」が、1月下旬にカプセルトイで登場です。クリエイターの乙幡啓子さんとタカラトミーアーツのコラボ企画第一弾です。

乙幡啓子 脱力系 「踊る埴輪(男女)」美術展の図録みたいな雰囲気出してる

 今までに「ハトヒール」や「足氷」(関連記事)など、見るとクスッとなってしまうようなものを企画・製作してきた乙幡啓子(@otsuhata)さん。「ネム遺跡」では発掘されて目覚めたはずの彼らが、まだまだ寝る気満々の顔をしています。なんだ、月曜日のオレらか。

乙幡啓子 脱力系 「スフィンクス」ずっと座ったままだしネックピローは必須
乙幡啓子 脱力系 「真実の口」偽りの心を持つ人を絶対に見逃しそう

 ラインアップは全4種類で1回300円。寝起きで枕を抱えたままの「踊る埴輪(男女)」の他、ネックピローをつけた「スフィンクス」、よだれをたらした「真実の口」、ナイトキャップをかぶった「遮光器土偶」がミニチュアフィギュア化です。

乙幡啓子 脱力系 「遮光器土偶」土偶にナイトキャップは必要なのかとか、深いことを考えてはいけない

 発掘されて無理やり起こされたのだから眠たいのは分かるけど、早く起きて仕事して。

(C)妄想工作所



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.