ニュース
» 2019年12月23日 20時00分 公開

シュトーレンは本来薄切りで食べるもの 『人類は衰退しました』キャラによる解説漫画がためになる

甘すぎると思ったら、厚く切りすぎていただけだったのか。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 クリスマスシーズンにドイツなどで食べられる菓子パン、シュトーレンにまつわるトリビア漫画が、「勉強になる」とTwitterで好評です。作者は小説『人類は衰退しました』(田中ロミオ著/小学館)の挿し絵を手がけた戸部淑(@tobesuna)さん。同作のキャラクターを通して、甘すぎると言われがちなシュトーレンの正しい食べ方を解説しています。



 シュトーレンは、ラムなどの酒に漬け込まれたドライフルーツやナッツを、たっぷりのバターと一緒に生地へ練り込んで焼いたもの。表面をびっしりと覆う砂糖がもたらす強い甘さも特徴の1つで、漫画では主人公の友人・Yが「甘すぎやしないか?」と文句を言う場面から始まります。


1P 甘さには確かな理由が

 そこに主人公が、「それは一度に食べる量が多すぎるんですよ」と解説を始めます。そもそもシュトーレンは、クリスマス前に4週間ほどかけて少しずつ食べるものだというのです。つまりケーキのように厚く切るのではなく、5ミリ程度に薄く切るのが本来の食べ方というわけ。

 ちなみに、表面の砂糖も日持ちさせるためのもの。だから分けるときは端からでなく真ん中を切り取り、残ったピースは断面で合わせて密封しておくと長持ちさせられるそうです。


2P

 戸部さんは、シュトーレンが不当に甘過ぎると言われることに物申したくて描いたとコメント。ただしどの程度の厚さで切るかは個人の好みで、「基本的にはその人の甘さ許容量に合った分量を食べるのが幸せだと思います」とも述べています。

 リプライでは「高カロリーの保存食みたいなものだったのか」と感心する声が上がる一方で、「妖精さんだ」「みんなかわいい!」と、おなじみのキャラクターたちに反応する「人衰」ファンの声も多数寄せられています。


作品提供:戸部淑(@tobesuna)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン