ニュース
» 2019年12月24日 13時43分 公開

いきなりステーキがいきなり大量閉店 「恐れていたことが」「近所の店舗も……」とTwitterに衝撃 (1/2)

店頭の「社長からのお願い」も話題になっていました。

[ねとらぼ]

 ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が、1月中に大量閉店――続々と明らかになる閉店情報に、SNSで衝撃が広がっています。いきなりステーキを運営する「ペッパーフードサービス」は、11月14日の第3期(7月1日〜9月39日)決算発表関連記事)で、44店舗の閉店を発表していたものの、具体的な店舗名は明かされていませんでした。

いきなりステーキ閉店 いきなり!ステーキ公式サイトより

 いきなり!ステーキは、グラムで量を選べるステーキ肉や、立食スタイルが話題になったステーキ専門店。2017年夏にはわずか1年半で株価10倍を達成し、着実に店舗数を増やしていましたが、2019年2月には一転して赤字に。11月14日には「自社ブランド同士の競合」による出店計画の大幅な見直しを発表していました。

 12月上旬には、「社長からのお願い」として、「お客様のご来店が減少しております。このままではお近くの店を閉めることになります」といった文章が店頭に張り出されたことも話題に。これを受け、店頭で使用できるプリペイド式の「肉マネー」のユーザーの中では、すでにチャージした肉マネーの使用を急ぐ動きも見られました。

 いきなり!ステーキ公式サイトでは、各店のページに閉店情報が記載されているものの、一覧のリストにはなっておらず、SNSではいつも利用している店舗や最寄りの店舗の存続を不明に思う声も上がっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.