ニュース
» 2019年12月24日 15時52分 公開

どうしてこんな姿に……! YouTuberが「ファービー」を魔改造、命令に背けない仕様にされてしまう

毛皮はすべて剥ぎ取られてしまいました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ファービーを改造して動きの自由を奪い、音楽の支配下に置いてしまった映像がYouTubeに投稿され、注目を集めています。登録者約250人のチャンネルの動画ですが、公開から5日で再生回数は16万回を突破し、およそ2000の高評価を獲得しています。


魔改造されたファービーの姿

 公開された動画では、ファービーが音楽にあわせて動く姿が映し出されています。しかしその姿はファービーならではの毛に包まれたかわいらしさはなく、パーツがむき出しになった恐ろしい姿。流れている音楽が、アメリカのメタルバンドSystem Of A Downの名曲「Chop Suey!」というギャップに背徳感があり、味が出ています。


 動画を公開したチャンネル「Wummi」のサイトによると、使用されたファービーは「ファービー2」です。会話をするための音声認識センサーや表情を豊かにするための可動箇所増加を特徴とした、2005年のモデルですが「2005年のおもちゃとしてはよくできている。だがしかし、われわれの命令に従わせなくてはならない」として、ファービーを解体。


 ファービーは2つのDCモーターで駆動しており、1つが顔と足、もう1つが耳や目の動きを含む顔の表情操作を担っているようです。配線を変更し、ソフトウェアを組み込むことで、改造が完了しました。


YouTuberが「ファービー」を魔改造 命令に背けない仕様にされてしまう 静かにしてるとファービーらしい?(画像はYouTubeより)

YouTuberが「ファービー」を魔改造 命令に背けない仕様にされてしまう ファービー絶叫(画像はYouTubeより)

YouTuberが「ファービー」を魔改造 命令に背けない仕様にされてしまう ラップのように口を動かすファービー(画像はYouTubeより)

 通常は、ゆったりとした印象で癒やしを与えてくれるファービーですが、改造後は激しく足や耳を動かしています。歌詞に合わせて動く口は、けたたましく叫んでいるようで、かわいらしいファービーの面影は感じられません。動画のコメント欄には、「こういうことが起こるからインターネットはやめられない」「微積分の最終試験よりもこっちの方が間違いなく重要だ」など、感心する声が寄せられています。


YouTuberが「ファービー」を魔改造 命令に背けない仕様にされてしまう かわいらしい姿はなくなってしまった(画像はYouTubeより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」