ニュース
» 2019年12月25日 11時51分 公開

「Voce 2月号」の「ヘアスタイリング5点セット」を使ってみたら、「髪を整えるってこういうことか!」と何かを理解した

ヘアスタイリング分からん勢に使ってみてほしい。

[ねとらぼ]

 発売中の美容雑誌「Voce(ヴォーチェ)2月号」のふろくは、珍しいヘア向けアイテムの「uka 最新ヘアスタイリング5点セット」。ねとらぼ編集部員が使い心地を試してみました。

Voce2月号 Voce2月号の価格は690円(税込み)。表紙はショートヘアになった北川景子さん。かっこいい……!

 「uka(ウカ)」は、ヘアサロンのほか、ヘアケアやネイルカラーなどのプロダクトを展開しているブランド。ヴォーチェのふろくの「ヘアスタイリング5点セット」は、ウカで販売しているスタイリングアイテムのミニサイズ版と、オリジナルのミラーとコームがセットになっています。

Voce2月号 ミニサイズのスタイリングアイテムとミラーとコームの5点セットです

 グレーのチューブに入っているのは、「マルチデイリーセラム」。髪の毛に潤いとまとまりを与えてくれるアイテムです。チューブから手にセラムを出してみると、滑らかで水分多めのテクスチャーに驚きます。サラサラと髪の毛になじむので、頭皮が乾燥気味の方も、オイリーな方も気にせず使えるアイテムだなと思いました。

 ウカ公式サイトのアイテム紹介には「整髪料は苦手、という方にこそ使って欲しい」と書かれていますが、まさにその通りで、簡単にまとまりのある髪に整えることができました。

Voce2月号 マルチデイリーセラム。唯一無二のテクスチャーがいい感じ

 小さな袋に入っているのは「ヘアワックス プレイフルムーブ」と「ヘアワックス グロッシーニュアンス」の2種類のワックス。プレイフルムーブは、毛先に動きを出し、グロッシーニュアンスはぬれたような質感を与えてくれます。

 筆者がこれはもっと使ってみたい! と思ったのは、グロッシーニュアンス。ワックスは束感のあるヘアを作るためのものだと思っていましたが、これは髪の毛にほどよいまとまりが出て、扱いやすくなります。ヘアアレンジの前に使用すると、やりやすさも仕上がりもかなり変わってきそうなアイテムです。

Voce2月号 「ヘアワックス プレイフルムーブ」と「ヘアワックス グロッシーニュアンス」。内容量は少しづつだけど、良さが伝わりました

 スタイリングアイテムは、どれもナチュラルなエッセンシャルオイルのような香り。髪の毛に使ったあとも、しばらく香りがつづくので、苦手でない方におすすめです。それにしても、どのスタイリング剤もちょっと使ってみるだけで、日々のヘアアレンジの何かが「わかった」気になったのですごいな……これがものの良さか……。

 ピンク色がかわいいコームは、通常のコームと目の粗いコームが1本になったタイプ。目の粗い部分を使えば、束感のある前髪や、ざっくりまとめたアップヘアなど、こなれ感を簡単に出すことができます。付属のワックスとあわせて、新しいアレンジに挑戦するのにぴったりです。

Voce2月号 コームと3面ミラー。持ち歩きにも便利なサイズ感

 コームとおそろいの3面ミラーは、気になる後ろ姿まで1人でばっちりチェックできるアイテム。大きすぎず小さすぎないほどよい大きさで、持ち歩いてメイク直し用として使うのにも便利そうです。

Voce2月号 3面ミラーは開くとこんな感じ

 ヴォーチェ2月号の紙面では、付録のコームの使い方を写真で解説しているほか、動画でも「使いこなし術」を公開中。その他、ヘアアレンジ特集も掲載されているので、買ってすぐに「こなれヘア」にチャレンジできます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」