メディア
ニュース
» 2019年12月25日 14時00分 公開

あの「S2000」「シビック タイプR」が帰ってくるぞぉぉ! ホンダアクセスがオートサロンで「超マジなカスタム車」披露 (1/2)

うぉぉ、S2000にシビック タイプRだぁぁ!

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ホンダ車の純正アクセサリー/純正カスタムカーブランド「Modulo」などを手掛けるホンダアクセスが、2020年1月10日から幕張メッセで行われるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」の出展概要を告知。何と、平成時代前半の若者世代にブッ刺さったあのスポーツカー2車種を「復活」させます。

S2000 20th Anniversary Prototype(写真:ホンダアクセス、以下同) 東京オートサロン2020で披露する「S2000 20th Anniversary Prototype」。1999年登場の車種とはとても思えないカッコよさである(写真:ホンダアクセス、以下同)

 同社は2019年の東京オートサロンでS660をベースが分からないくらいに魔改造した「Modulo Neo Classic Racer」(関連記事)を出展し、スゲーなこりゃと話題を呼びましたが、今回も面白そうです。今なお人気の伝説的名車「S2000」と「シビック タイプR」をベースにしたゴキゲンなカスタムカーを“時代を超えて”出展します。

 「S2000 20th Anniversary Prototype」は、2019年に誕生20周年を迎えたFRオープンスポーツ「S2000」をベースに、「これからも乗り続けたい」という多くのファンの声に応えて制作。新しいエアロバンパー、サスペンション、オーディオリッドなどの「20周年記念アイテム」をビシッと備えて披露します。あぁぁ、S2000のカッコよさは20年経っても色あせないですね……。

 「CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020」も、同じく平成初期当時の若いクルマ好きを熱狂させたEK9型の「シビック タイプR」をベースに“夜の街をクールに駆け抜けるイメージ”を取り入れて制作。ターゲットを現代の若者に再設定し、「近未来とアングラを併せたネオジャパン」なカスタマイズを施したそうです。コレも楽しみ!

 EK9のタイプRも「今なお乗りたい」と思わせる魅力があるクルマですよね。現行軽スポーツカーのS660をクラシカルスタイルに変身させる「S660 Neo Classic KIT」(関連記事)のような変身キットとともに、初代ビートの純正部品を再生産する「BEATparts」のシビック版を展開してくれたりはしないでしょうかね〜。

CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020 CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020
KACHATTO-WAGON “超フラットフロア”を採用したカスタムステップワゴン「KACHATTO-WAGON」も披露

 この他に、ミニバン「ステップワゴン」をベースに、バイクや車いすなども自在に乗せられる“超フラットフロア”と自在な車内レイアウト機能を備えた多目的スロープ車「KACHATTO-WAGON」、移動のワクワクを伝える“初めてのホンダ”として提案する子ども向けの乗りもの「AIBOU(アイボウ)」も公開。AIBOUは子どもが乗れる電動車的玩具なのでしょうか、それとも別の何かなのでしょうか。こちらもどんな仕様なのか、公開が楽しみです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.