メディア
ニュース
» 2019年12月25日 17時00分 公開

マシーナリーともコラム:オッ、オゲェ〜〜!! クリスマスイブだぞ!? 池袋晶葉ちゃんの限定ガチャが急に来たので「モバマス」と池袋晶葉ちゃんのすごさをガチで説明します

いつもよりテンション高めの「マシーナリーともコラム」第20回。

[マシーナリーとも子,ねとらぼ]

 バーチャルYouTuber、マシーナリーとも子による不定期コラム第20回(連載一覧)。今回のお題はもちろん「アイドルマスター シンデレラガールズ(通称モバマス)」。12月24日に突然はじまった「池袋晶葉ちゃんの限定ガチャ」について好きなだけ語ってもらいました。池袋晶葉ちゃんの限定ガチャで、イベント名が「マシーナリードール ドリームチャンスガチャ」……えっっっ、いやいやいや、まさかね……?


マシーナリーとも子 池袋晶葉 さらっと5万円消えてるけど、よかったね

ライター:マシーナリーとも子

マシーナリーとも子 プロフィール

徳で動くバーチャルYouTuber(サイボーグ)。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の池袋晶葉ちゃんのファンやプロデューサーを増やして投票してもらうために2018年4月に活動開始。前世はプラモ雑誌の編集をしていたとも言われているが定かではない。現在は自分のグッズを売ったりライターやったりして糊口をしのいでいる。お仕事募集中。
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/barzam154
wiki:https://wikiwiki.jp/mashitomo/
ポータルサイト:https://www.machinery-tomoko.com/



限定ガチャはイブに突然やってくる

 乳酸菌取ってるゥ? マシーナリーとも子よ。

 オッ、オゲェ〜〜!! オゲゲゲゲ〜〜〜!!!! み、みんなさあ、クリスマスイブどうだった? 大切な人と心温まるときを過ごしてたか? それともアクション対魔忍やってた? 私はさ、まあクリスマスっつってもそんなに関係ねぇ〜から朝からYouTubeにあげるための動画作ったりとかクリスマスだからシャケを焼いたりしてのんびり過ごしてたんだけどさ。そしたらさ、正午にさ。



 「アイドルマスター シンデレラガールズ(以下モバマス)」で池袋晶葉ちゃんの限定ガチャが来たのよッッッ!!!! ウッソ!?!?!??! マジで!?!?!??! クリスマスイブだぞ!?!??!?!



 晩御飯はクリームシチューにしようかな♪ って近くのコンビニにでかけてた最中にガチャ更新に気づいた私。

 あのホント……ちょっとこれマジで、すごくて。なにがすごいかって話を今日はしようかと思うんだけどその前に本当にかわいい今回の池袋晶葉ちゃんを見てください。


マシーナリーとも子 池袋晶葉 [マシーナリー☆ドール]池袋晶葉。オフの日にプロデューサーとモーターショーに遊びにいった様子を切り取ったイラスト。デートじゃん

 ゴッツいバイクにちみっちゃい池袋晶葉ちゃんが得意げにまたがるというこの世のKawaiiを手のひらの中に集めて硬めて地面にたたつけて地が割れマントルが飛び出したかのようなすばらしいイラスト。お尻……晶葉ちゃん、お尻が!!


マシーナリーとも子 池袋晶葉 [マシーナリー☆ドール]池袋晶葉+。じつは衣装が最初期のイラスト「天才ロボ少女」や「ムーンライトバニー」の特徴をすくいあげてリファインしたような強化フォームみたいなことになっており、アツい。

 こちらは特訓後。モバマスでは同じアイドル同士を組み合わせる「特訓」をすることでイラストと性能がパワーアップするシステムがあります。いわゆる「覚醒」的なヤツ。「マシーナリー☆ドール」というカード名の通り操り人形を彷彿とさせるリボンが特徴的なんだけどそれはそれとして髪の毛くるくるカールなうえにリボンのとこで編み込んでたりとかいままでツインテールとか、あるいはアレンジしてもシニヨンだったのに今回はツーサイドアップに!!! なってる!!! 晶葉ちゃんが後ろの髪を下ろしてる!!! マジかよ信じられねえ!!!! っていうか絵!!! うますぎ!!! 光の雰囲気とか神々しすぎやばい。絵力(えぢから)が強すぎる最高すぎる。こんな絵を発注してくれてありがとうとCygamesのイラストのディレクションしてる人にお礼を言いたくなる。先に絵を描いてくれた人だろオイ!!!!

 ……というわけで絵が、めちゃめちゃいいです。ハイ。じゃあちゃんとしたこと書きます。ちゃんとしたこと?


2019年池袋晶葉ちゃん大進撃

 まず限定ガチャの目玉に池袋晶葉ちゃんが抜てきされたというのがアツい。限定ガチャというのはその名の通り、限られた期限内でのみ対象アイドルが排出されるガチャのことだ(この説明いる???)。しかもドリームチャンスガチャというのはこの世に排出される量までもが(ほぼ)決まっていて……。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 具体的にはこの「ドリーム報酬」から出てくる3700人ほどの池袋晶葉ちゃんが、この世に排出される[マシーナリー☆ドール]池袋晶葉ちゃんの大半ということになる。すっくな!! このドリーム報酬というのはガチャを回すとおまけで回すことができる追加の懸賞のようなもので、実際のところはこの3700人以外にもガチャから普通に排出されることもある。が、その割合はSレアアイドルを引く確率が1.5%、そのうえ排出されるSレアアイドルが224人いて、さらにそのうえでアイドルごとに提供確率が異なっており、[マシーナリー☆ドール]池袋晶葉ちゃんがガチャから普通に排出される確率は0.004%という「ほぼ虚無じゃん」というような数字になってしまっている。

 まあつまり期間も総数も限られた、とても貴重なアイドルを現金を流し込んで取り合うというあまりにも無情なガチャがこのドリームチャンスガチャであり、その価値はモバマス全体でもかなり上位に位置している高級なガチャということだ。過去ドリームチャンスガチャの目玉SRに抜てきされたアイドルも、片桐早苗さん、森久保乃々ちゃん、黒川千秋さん、多田李衣菜ちゃん、輿水幸子ちゃん、神谷奈緒ちゃん、高森藍子ちゃん、星輝子ちゃん、緒方智絵里ちゃん、乙倉悠貴ちゃん……とその大半がCV実装済みアイドル。つまり手堅い人気をすでに得ており、売上が上がりやすいと思われるアイドルが抜てきされており、そんななかでいまだCVが実装されていないにもかかわらずこのドリームチャンスガチャという貴重な枠をあてがわれた池袋晶葉ちゃんと黒川千秋さんがめっちゃすごくね!? ってなることがお分かりでしょうか。分かるよな? 「こいつら、もうかると思う」って運営に思われてるってことだぞ!!! ウワァー!! うれしい!!! もっと池袋晶葉ちゃんで商売してくれ頼む!!!!!!!! 申し訳ないけど今回の記事はずっとこういう話をさせていただきます。

 さらにソーシャルゲームでは欠かせない「季節ネタ」としてもめちゃめちゃに強力な「クリスマスイブ」という日、しかも社会人は「ボーナス受給後」というまさに書き入れ時としか言いようがないこのタイミングで池袋晶葉ちゃんが投入された意味!!! 分かる!? 分かりますか!? 


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 思えば2019年は池袋晶葉ちゃん飛躍の日でした。4〜5月のシンデレラガール総選挙では8年目にして45位を獲得、初の入賞(アイドルマスターシンデレラガールズには200人のアイドルがいるが総選挙の順位が発表されるのは上位50人のみなのです)を果たしたかと思うと、その後6月に入るとゲーム内で一大攻勢を見せます。まずアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)」内SNSに複数回投稿。


マシーナリーとも子 池袋晶葉 急に関係性が来た? 急や

 次にモバマス内の「リフレッシュルーム」というショートストーリー劇場にて心温まる物語を展開。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 デレステのロード時間中に現れる「アイドルトピックス」に新ネタ追加。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 モバマスのイベント内敵ユニットとして複数回現れるおいしい役回りで登場……。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 と、これだけの多種多様な登板を6月13日から6月21日までのわずか1週間ちょいでこなしてしまっている。はっきり言ってこれだけのペースでさまざまな形であらゆるところに顔を出してくるというのは明らかに異例のことだ。正直当時「いやいや出過ぎだろ!!!」って思ったもん。このあたりの「なんかやべえことが起きてるぞ」って感情は私のYouTube動画でも語ってるので興味がある人は見てみてほしい。


マシーナリーとも子 池袋晶葉


 さらに今年はグッズ攻勢もすごいことになっており、6月28日「あみあみ」から描き下ろしイラストを用いたキャラクターグッズ「トイボックスキーホルダー」の第1弾アイテムとしてラインアップされることが発表、8月にはセガプライズ限定の缶バッジシリーズ第20弾にラインアップされ、さらに続く第21弾にも絵柄違いで連続投入(!)。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

マシーナリーとも子 池袋晶葉

 11月にはアイマスオフィシャルショップにてスマートパスケースが販売されたほか、店内のガラポンくじの景品として缶バッジが増えるなどとにかくやたらとグッズが出る! これまでは年に1個なんかグッズが出たらうれしいなぁ〜って状況だったのに総選挙で入賞したと思ったらなんかほぼ毎月のように新しいグッズが出てるんですけど!? なんだこれどうした!? という感じで今年後半の池袋晶葉Pはマジで感情が大変なことになっていたわけです。それまで飢餓すぎていたのに食いきれないくらいメシが出てくる!!! なんだこれ!!! これが豊かってことなのか!? って困惑してた。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 と、いうふうにあまりにも急に供給が増えてなんじゃなんじゃ! この池袋晶葉ちゃんの勢いはなんなんじゃ!?!?! と困惑しながらもうれしすぎて死にかけてたところにこの天使の限定SRガチャよ。ここに至ってわれわれは「そうか、2019年は池袋晶葉ちゃんの年だったんだ!!!!!」と確信してブッ倒れて天に召されました。すごい。すごすぎる2019年。2019年に来てよかった。令和最高。RAINBOWは空だけじゃない胸にもかかるぜどんなミラクルも起き放題って感じだ。ミラクル、それは限定SR池袋晶葉ちゃんガチャでした。


モバマスのガチャを引け

 というわけで長々と「私達が池袋晶葉ちゃんの新しいSRでめちゃめちゃ興奮してるのは単に絵力がめちゃめちゃすごいからってだけじゃない」ということを語らせていただきましたが……あ、もう4000字近く書いてるじゃん。すまねえ、もうちょっと話していい? 

 いや、正直言ってみんなのなかにはこういう人もいると思うんだよね。「デレステのガチャなら回すんだけどモバマスのガチャはちょっと……」と! なぜならデレステは3DCGのモデルがかわいく踊ってくれるゲームであるいっぽう、モバマスは古式ゆかしいポチポチ系ソーシャルゲームだから……!


マシーナリーとも子 池袋晶葉 デレステのプレイ画面。かわいい

マシーナリーとも子 池袋晶葉 モバマスのプレイ画面。昔ながら

 しかし待って、待っていただきたい。それは間違っている。モバマスも遊んだりガチャを引いたりするべきだ。なぜか。それはモバマスのテキストがめちゃめちゃにいいからだ。

 例えば特訓後の[マシーナリー☆ドール]池袋晶葉+のフレーバーテキスト。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

今の私は、操られる者。天から伸びる愛らしいリボンで、誰かの意のままに動く人形。だが、人形が意思を持たないとは限らないだろう? そして…静かに操られているだけとも、限らないのだ…♪


 すばらしい。おそらく絵などから想像するにこのシチュエーションはマシーナリードール……機械じかけの人形、オートマタにふんした池袋晶葉ちゃんが、セリフというかミュージカルの一節を口にしている様子かと思いますがもうこの文章がすばらしすぎるよね。

 人形という「操られる者」が、意思を持つことで自ら動き出そうとしている……。これは当然「アイドル」の暗喩だろう。アイドルは台本や脚本で動くものだが、同時に意思を持つ。そして意思を持つからこその自由というゆらぎがアイドルという存在を輝かせる。そうした意味を含んだ言葉に聞こえる。だが待ってほしい。その「アイドル」とは「単に職業としてのアイドル」のことを語っているのだろうか? もしかしたら、ここで語られているのは「アイドルマスターシンデレラガールズというゲームの中で実装されているアイドル」なのではないだろうか?

 運営のコントロールのもと、然るべきタイミングで、然るべきイラストを描かれ、然るべきテキストを伴って予定通りにイベントを進行させていく「アイドルマスターシンデレラガールズ」のアイドルたち。だがわれわれはその、運営に完全にコントロールされているはずのアイドルたちに、池袋晶葉ちゃんの一挙一動に「意思」を感じてしまう。池袋晶葉ちゃんのかわいらしい言動を、シナリオライターのおじさんが書いたものでなく14歳の少女が言葉を発したものだと感じてしまう。そうした意思を、われわれはなんとかしてやりたいと思う。彼女を応援する……SNSでいいところを伝えあったり、二次創作をしたりする。あるいは総選挙で投票したりする。グッズを買う。ガチャを回す。そうした経済活動をみんなで語りあう。プロデューサーたちがアイドルたちの意思をくみ、天から伸びるリボンとは違った動きを人形に伝えたとき……アイドルは天の思惑から外れた行動を取るのだ。1年でめちゃめちゃグッズが出るようになったり、クリスマスイブに限定SRガチャが出たりとかよ!!!!!

 これはすばらしい詩だ。この詩はアイドルマスターシンデレラガールズを、そしてソーシャルゲームという遊び全体を表している。このテキストの質がモバマスの良さなんだ。

 デレステの池袋晶葉ちゃんのセリフもかわいい。だがやはり、より新たなユーザーを広く獲得するために作られたデレステのテキストは分かりやすさ重視、かつモバマスに比べると明確な会話シーンが多いぶん、連続した話し言葉が多くてモバマスのようなフレーバー重視の言葉はちょっと少なめだ。アプリ内でキチンと完結しているともいえるけどね。

 というか単純にモバマスは8年の歴史があるぶんめちゃめちゃアイドル個人個人のテキストが読めるのでとにかく読みあさって欲しい。

 また、モバマス独自のテキストの遊び方として「特訓前・特訓後に共通したセリフ」というのがある。イラストの変化に合わせてセリフが全部差し替わるわけじゃなくて、結構な数、同じ文章が使われるんだよ。なにせスマートフォンがそれほど普及してなかった時代からやってるゲームだし、かつては容量削減的な意味ももしかしたらあったのかもな。今回の晶葉ちゃんで言うと……。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 例えば「扱いは、慎重かつ大胆に、だぞ?」というセリフが共通。これはバイクに跨っている特訓前のイラストの状態だと「バイクの扱い」あるいは「ふだん作っているロボの扱い」などというふうに取れるが……。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 マリオネットに扮した特訓後のイラストだと「私という人形をうまく操ってくれ」という意味に聞こえてくる! これ! これがモバマスの妙なんですよ! 当初は容量とか、あるいは工数の削減なのかもしれないが省エネのためにやっていた「共通セリフ」という要素を、「言葉は、文字列は同じだとしてもその状況に応じていかようにも意味合いを変える」という演出に使ってくる! たまらねえんだよこれが。こういう仕掛けのせいで私たちはいつまでたってもポチポチゲーのモバマスから離れられないんだよ助けてくれ。有能なシナリオライターを雇いやがって……!


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 もう一例見てみようか。「無機物にも、心はあるのかもな」というセリフ。これは特訓前なら「バイクに乗ることでもしかしたらこういう機械にも心があるのかもしれない」と思っているのだろう、と推測できるが……。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 特訓後だと「人形を演じている」ということで「人形にも心がある」と人形が自嘲気味に語っているように聞こえてくる! 急に! すごい!

 このコントラストなんですよ。モバマスのテキストは。こういう良さがあるから、遊んで、読みなさい。イイから。

 ところでこれらの共通セリフだがCV実装済みのアイドルだとそれぞれ別に演じ分けてくれていて、よりシチュエーションの違いが楽しめるようになっている。早く池袋晶葉ちゃんもそっちの世界に連れて行ってあげたいぜ……!

 また、余談ながら今回の特訓前池袋晶葉ちゃんの「モーターショーに赴いてバイクにまたがる」というシチュエーション、及びそれに関連してのアレコレを描いたゲーム内マンガ「シンデレラガール劇場」の内容はデレステでのコミュやアイドルトピックスを通じて原田美世ちゃん、向井拓海ちゃん、木村夏樹ちゃんらと交流を深め、バイクをイジったり後ろに乗せてもらったりしたことと連動している。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

マシーナリーとも子 池袋晶葉

 そう、モバマスとデレステはなんかふだんは「パラレルみたいなもんですよ」みたいなツラしてるくせに時々こうやって事象がつながったりするのだ。つまりわれわれはこうしたつながりを見逃さないために、モバマスもデレステも遊んでどちらにも課金しなければならないのである。両方やれ。いいな。


来年も池袋晶葉ちゃんとマシーナリーとも子をよろしく

 と、いうことで散々限定SR池袋晶葉ちゃんがヤバく、その道のりがヤバく、そして君たちに金を払ってそのヤバさを体験し、売上を上げて欲しいとここまで語ってきた。少しでもそのヤバさ、そして池袋晶葉ちゃんに巻き起こったあまりにもドラスティックな展開を理解してもらえれば幸いです。そして繰り返しになるが……こうやって池袋晶葉ちゃんがアツくなってきたのは総選挙で8年目にしてついに! 入賞したからに! 他ならない!


マシーナリーとも子 池袋晶葉 他ならない!

 なのでぜひ! 来年も4〜5月にシンデレラガール総選挙が行われると思うので……読者諸君には池袋晶葉ちゃんに投票してもらいたい! 池袋晶葉ちゃんにッッッ! 投票して順位が上がるとこんなに楽しくなるんだ! そしてさらに上位に上がれば声がつくっ! 池袋晶葉ちゃんが歌うっ! あとメジャーなキャラクターになったとサードパーティーから認識されてフィギュアとかが作ってもらえるっ! だから頼む……無料ログインボーナス分とかでいいから投票してくれれば幸いだ。

 私は個人的に、来年、再来年で池袋晶葉ちゃんへガンバって投票してくれる人類を6000人集めたいと思っている。この6000人が、それぞれ200票(これは課金しなくてもある程度ガンバると集まる投票券のざっくりした数)を投票すると120万票になる。そして120万票が池袋晶葉ちゃんに集まれば……第8回の投票結果を鑑みると池袋晶葉ちゃんに声がつくのだ! というわけで明るく楽しく生きるために池袋晶葉ちゃんに投票しよう! なにをどうすればいいかは私のwikiなぜか詳しく載ってるから参考にしてね。

 今年は池袋晶葉ちゃん飛躍の年だった……。だからこそ、来年再来年はもっと頑張って池袋晶葉ちゃんを押し上げて、ボイスを実装させてあげたいと思ってる。もちろん思ってるが、同時に無理はしたくないとも思ってる。あまり根を詰めすぎると「世の中がこうなってほしい」って願いは「なんで思い通りにいかねえんだ」って呪いに変わってしまうからな。そういう風に呪いを振りまくようになってしまうと、周りからはあまり愉快なことをやってるようには見えないもんだ。

 だから私は池袋晶葉ちゃんを応援するためのバーチャルYouTuberになった。もちろん「バーチャルYouTuberって流行ってるから票を集められるかもな」って下心もめちゃめちゃあった。でも本当は「なるべく気楽に、楽しく総選挙をやっていくために」自分という存在を池袋晶葉ちゃんファーストの存在に置き換えたんだ。実際第8回総選挙はとっても気楽に楽しくできたよ。やっぱりバーチャルの身体ってよぉ、リアルの身体より身軽なんだよな。まあつまり何が言いたいかっていうと、どうしても課金課金投票投票って話をしてきちゃったけど総選挙を通して池袋晶葉ちゃんを知って楽しむのって、今私がこうなってるみたいにめっちゃ楽しいからぜひ参加してその片りんを味わってくれってことだな。そうした楽しい総選挙を次回でも醸し出せていけたらなって思ってるよ。

 例えば来年の総選挙ではほかのアイドルがめちゃめちゃに躍進して、池袋晶葉ちゃんが50位以下になってしまうかもしれない。そうしたら、まあめちゃめちゃ悲しいし悔しくなるだろう。でもまあそういうときはまた私とか周りの池袋晶葉ちゃんを押し上げようとしてる連中がその悲しい出来事をなんか楽しく、次につなげられるイベントに変えてやるよ。ほら池袋晶葉ちゃんも言ってるぜ。「ほどけたら、結び直せばいいのだ。リボンも、手も、絆も。何度でも」ってな。


マシーナリーとも子 池袋晶葉

 ウゥーッ! やっぱりモバマスのテキストって最高だ。たまんねえ……。ということで次回の総選挙はぜひ、いままで参加したことがない奴らも池袋晶葉ちゃんに投票を! てな感じでこの記事を締めさせてもらうわ。長々と「noteでやってろよ!?」って文章にお付き合いいただいてありがとうございました。ほんじゃな。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.