ニュース
» 2019年12月25日 17時08分 公開

方向音痴のサンタが新宿駅ダンジョン乗り越えやってきた おませな子どもに奇跡を届けるハートフル漫画

フィンランド民に新宿駅はロンダルキア。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 方向音痴のサンタクロースが、新宿駅で迷いに迷いながらもやってきた――。コミカルで心温まる漫画を、『うちのトイプーがアイドルすぎる。』(関連記事)でおなじみの道雪葵(@michiyukiaporo)さんがクリスマスイブに公開し好評を博しました。おっちょこちょいのサンタさんが、ませた少年に届けたプレゼントとは?


アイキャッチ いくら新宿駅の構造が複雑とはいえ、迷いすぎじゃない?

 主人公の少年は、小学1年生にしてはスレていて、サンタクロースは実在しないものと捉えています。ところがイブの日、自宅のリビングで勝手にカップラーメンをすするサンタらしき人物を目撃し混乱することに。しかも両親は出張で不在……では、このおじさんは誰なのかと恐怖します。


1P

 しかし、少年には心当たりがありました。実は、彼のママは2年前に離婚したのち新しい「パパ」と再婚しており、前の「お父さん」が無職でフリーだったのです。それを冷静に思い出した少年は、お父さんの茶番に付き合ってやろうと、「もしかしてトナカイとソリで僕の家まで来てくれたの!?」などと無邪気な子どもを演じます。

 しかし、サンタの返事は意外なものでした。フィンランドでトナカイとケンカ別れして、飛行機と電車を乗り継ぎ日本までやってきたというのです。めっちゃ普通だ!


2P

 まっすぐ少年の家まで来ればよかったものを、グルメも楽しもうと色気を出したのが失敗の始まり。「大きな駅で下りたらまるでダンジョンで……」「どうやっても東南口にたどり付けなくて……」「迷ってたらオーエドセン? のシンジュクニシグチエキとかいう改札入っちゃって……」と、泣き出してしまいます。少年はサンタのボヤキを聞きながら、新宿駅で迷ったのだろうと察してあきれるのでした。


3P

 なぜそこまで苦労して来たのか? そう聞かれたサンタは、急に真剣に語り出します。彼は、少年が以前学校のイベントで「子供だましだ」と渋々書いた、「サンタへの手紙」に応えて現れたというのです。


4P

 手紙で少年が願っていたのは、「お父さんと過ごす時間」。少年はママが恋した新しい「パパ」よりも、頼りないけど仲が良かった「お父さん」とクリスマスを過ごしたかったのです。それは、どうせ手紙は誰にも届かないだろうからと本音で書いた、少年の切なる願いでした。


5P

6P

 まさか、本当に手紙が届き、お父さんが願いをかなえにやってきた? そう理解して少年が涙を流したとき、不思議なことが起こりました。どこからか流れてきた鈴の音とともにサンタが窓から出て行き、入れ替わりで玄関から“本物のお父さん”がクリスマスを祝いに現れたのです。なんでも、ママから急に会っていいと許可が下りたそうで……少年の願いが、本来の形でかなった!?


7P

 では、今ベランダから出て行ったのは誰? 少年が困惑したそのとき、“本物のサンタさん”は空の上。自分の足のくささがもとで、一度は見放されたトナカイと仲直りし、次の子どもの家を目指します。行き先の「新宿駅東南口徒歩5分」に、トラウマを呼び起こされながら。


8P

 漫画は「笑えて泣けました」と感動する人や、新宿駅の複雑さに共感する人など、さまざまな反応を呼びました。「今度は梅田にも」などと、サンタさんを別の迷宮へ誘う声も寄せられています。

作品提供:道雪葵(@michiyukiaporo)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声