ニュース
» 2019年12月26日 17時00分 公開

スマホの「夜間モード」は安眠に逆効果かも? 「夜はブルーライトを浴びるほうが適切」英大学が発表

体内時計は夕方に寒色系の自然光を浴びることで眠るべき時期を判断するため、夜間モードで寒色系の光を抑えると不自然なことになるとしています。

[沓澤真二,ITmedia]

 近ごろのスマホやPCに採用されている「夜間モード」が、「逆に睡眠を妨げるかもしれない」とする研究結果を、英マンチェスター大学が発表しました。えーっ……。


公式発表 公式発表

 夜間モードは、「ダークモード」や「ナイトモード」といった名で各種OSやアプリに搭載されている、画面の色調を暗くする機能。人の睡眠パターンを乱すといわれるブルーライトを抑えるなど、安眠効果が期待されてきました。


ナイトモード iOS版Twitterアプリのダークモード

 ところが同学の研究者は、「ブルーライトは当初考えられていたほどに睡眠パターンを破壊しないかもしれない」とコメント。人間の体内時計は夕方に寒色系の光を感じることで眠るべき時期を判断するため、夜間にブルーライトを抑制すると、かえって不自然な状態になってしまうというのです。

 マウスによる実験でも、暖色系の照明を用いるよりも、寒色系の光を当てたケースのほうが、体内時計への影響が少なかったとのこと。研究者は「私たちの調査結果は、日中は明るく温かい照明を使用し、夕方は薄暗く涼しい照明を使うほうが健康に良いことを示唆しています」と述べています。

 この研究が正しいとすれば、夜間モードにあまり意味はないことになってしまいますが、かといって夜は普通にスマホを見るとまぶしいのも事実で、悩ましいところ。もっとも、「ぐっすり眠りたいなら寝床にスマホを持ち込むな」と言われたらぐうの音も出ないのですけれども。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」