ニュース
» 2019年12月26日 17時00分 公開

スマホの「夜間モード」は安眠に逆効果かも? 「夜はブルーライトを浴びるほうが適切」英大学が発表

体内時計は夕方に寒色系の自然光を浴びることで眠るべき時期を判断するため、夜間モードで寒色系の光を抑えると不自然なことになるとしています。

[沓澤真二,ITmedia]

 近ごろのスマホやPCに採用されている「夜間モード」が、「逆に睡眠を妨げるかもしれない」とする研究結果を、英マンチェスター大学が発表しました。えーっ……。


公式発表 公式発表

 夜間モードは、「ダークモード」や「ナイトモード」といった名で各種OSやアプリに搭載されている、画面の色調を暗くする機能。人の睡眠パターンを乱すといわれるブルーライトを抑えるなど、安眠効果が期待されてきました。


ナイトモード iOS版Twitterアプリのダークモード

 ところが同学の研究者は、「ブルーライトは当初考えられていたほどに睡眠パターンを破壊しないかもしれない」とコメント。人間の体内時計は夕方に寒色系の光を感じることで眠るべき時期を判断するため、夜間にブルーライトを抑制すると、かえって不自然な状態になってしまうというのです。

 マウスによる実験でも、暖色系の照明を用いるよりも、寒色系の光を当てたケースのほうが、体内時計への影響が少なかったとのこと。研究者は「私たちの調査結果は、日中は明るく温かい照明を使用し、夕方は薄暗く涼しい照明を使うほうが健康に良いことを示唆しています」と述べています。

 この研究が正しいとすれば、夜間モードにあまり意味はないことになってしまいますが、かといって夜は普通にスマホを見るとまぶしいのも事実で、悩ましいところ。もっとも、「ぐっすり眠りたいなら寝床にスマホを持ち込むな」と言われたらぐうの音も出ないのですけれども。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響