ニュース
» 2019年12月27日 10時00分 公開

コミケや天皇杯など年末年始のおでかけ注意 東京メトロ銀座線、12月28日から1月2日にかけて区間運休伴う大規模工事を実施

半年前から告知済みですが、年末年始に移動する人は注意が必要そうですー。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 2019年12月28日から2020年1月2日の6日間にかけて、東京メトロ銀座線で大規模工事が行われ、渋谷〜表参道駅、青山一丁目〜溜池山王駅の区間が終日運休となります。

東京メトロ 銀座線 運休 工事 運休区間のイメージ(画像:東京メトロのニュースリリース)

 今回の運休は銀座線渋谷駅の移設に伴う線路の切り替え、ホーム移設工事を行うためのもの。運休期間中は、表参道〜青山一丁目駅間、溜池山王〜浅草駅間で折り返し運転を実施されます。また、東京メトロ、都営地下鉄、JR、各私鉄線で振替輸送を実施します。

東京メトロ 銀座線 運休 工事 銀座線渋谷駅 新ホームのイメージ

 銀座線渋谷駅は、渋谷区の渋谷駅街区基盤整備に合わせて、現在の駅から表参道駅側へ移設する工事を進めています。距離は約130メートル。

 新駅のホームは1面2線の島式ホームとなり、乗車用と降車用の区別がなくなるほか、拡幅によるホーム上の混雑緩和も図られます。

東京メトロ 銀座線 運休 工事 今回の工事の概要。赤色が新ホーム
東京メトロ 銀座線 運休 工事 前半に線路の移設、後半にホームの新設が行われる

 今回の工事で浅草方面行きの線路を北側に、渋谷方面行きの線路を南側に移設し、空いたスペースに新しいホームを築造する予定で、前半3日間で線路の撤去、新しい線路の設置が行われ、後半3日間でホームを新設して、列車運行に必要な設備が設置されます。

東京メトロ 銀座線 運休 工事 渋谷駅の構内図

 この工事にあわせて東京メトロ、都営地下鉄、JR、各私鉄線は振替輸送を実施。銀座線の始終発電車の利用者のために、半蔵門線では、半蔵門発押上げ行きの始発を渋谷4時58分発押上行きに変更、表参道24時36分発渋谷行きを運行します。

 この工事に伴い、明治通りと神宮通りの道路規制も行われます。明治通りは2019年12月27日22時〜2020年1月2日24時に車線規制が、神宮通りは2019年12月27日〜2020年1月2日の22時から6時までバスレーンと車線が規制されます。

東京メトロ 銀座線 運休 工事 周辺道路の規制も行われる

 銀座線渋谷駅の新しいホームは2020年1月3日始発から供用を開始する予定。12月28日から31日にかけて行われるコミックマーケット(東京ビッグサイト)や1月1日に行われるサッカー天皇杯(国立競技場)など、年末年始に都内の移動を考えている方はあらためて注意が必要です。

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.