ニュース
» 2019年12月27日 21時03分 公開

2020年GWのコミックマーケット98、開催形態を一部変更 企業ブースは2日間開催に

会場外の利用可能面積が減少することが理由。

[ねとらぼ]

 コミックマーケット準備会は12月27日、2020年5月2日〜5日に開催予定のコミックマーケット98(C98)において、開催形態を一部変更すると発表しました。企業ブースの開催が2日間に短縮されます。

 C98は2019年のC96・97と同様、西・南展示棟と青海展示棟を使用しての4日間開催となります。しかし東京五輪の影響で臨海地区の公園、駐車場、空き地の利用が予定されることから、C96・97と比べて会場外の利用可能面積が減少する状況となっています。

東京ビッグサイトと青海展示場(東京ビッグサイトWebサイトから)

 このためC98では一般参加者の待機スペースを確保するため、青海展示棟の企業ブースを5月2日〜3日の2日間開催とし、5月4日〜5日は青海展示棟を一般参加者の待機場とします。

 詳細は公式Webサイト、コミックマーケット98カタログなどであらためて告知するとのこと。なお2020年冬のC99は東・西・南展示棟を使用して3日間開催の予定です。

東京ビッグサイト

 コミックマーケット準備会や赤ブーブー通信社などは、東京五輪の影響で会場使用に制約がある中で、同人活動を続けてもらえるようにと、「DOUJIN JAPAN 2020」キャンペーンを展開中。キャンペーンに賛同する印刷会社に5000円(税込)以上の印刷を発注した場合にもらえる「新刊カード」を集めてポスターと交換できる企画や、新刊カードでHakobook、ウエストウイングの料金が100円引きになる企画が行われています。

新刊カード 新刊カード

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.