ニュース
» 2019年12月28日 19時30分 公開

入れ替わった相手はなんと「自分のストーカー」 学校で噂のヤバい奴になってしまった漫画が秀逸(1/2 ページ)

見事なタイトル回収!

[Tomo,ねとらぼ]

 「学校で噂のヤバい奴になってしまった」――そんなタイトルの漫画が、最後に見事なタイトル回収を見せて秀逸と人気を集めています。作者はSNSで創作漫画やイラストを公開しているやちうお(@yachiuo)さん。

入れ替わった相手はなんと「自分のストーカー」

 普通の高校生活を送っていたのに、突然同じ学校の女子と心が入れ替わってしまった朝彦。しかも入れ替わった相手の沙夜香は朝彦のストーカーで、部屋は朝彦の写真だらけな上に、彼の体操服もハンガーにかけられています。最近生徒の制服や体操服が盗まれる事件が多発しており、そんな“学校で噂のヤバイ奴”になってしまったのかと青ざめる朝彦。幸い(?)沙夜香は制服泥棒ではないのですが、ストーカーなのでヤバイといえばヤバイ。

 入れ替わったまま学校へ行く2人ですが、さすがストーカーだけあって沙夜香は見事に朝彦になりきります。沙夜香になりすませるのか不安な朝彦でしたが、彼女は友達のいないボッチ女子で、誰一人として話し掛けてきません。学校で「透明」な存在の彼女がケガをしたときに朝彦が助けたのがきっかけで、彼女は朝彦を好きになったのでした。

透明だった自分を見つけてくれたことが恋のきっかけ

 沙夜香に友達ができるよう、一緒に噂の制服泥棒を捕まえようと持ちかける朝彦に、友達はいらないと拒む彼女。朝彦は一人で泥棒に挑みますが、女子の腕力では歯が立たずピンチに。そこへ助けに来たのは朝彦の姿をした沙夜香。「ストーカーの愛の重さ、思い知れ!!」とヤバイセリフが響き渡ります。

 その後入れ替わりが解けた2人。沙夜香は友達ができて前向きになり、いいことばかりかと思いきや……「彼氏が超ストーカーだっていう……」「めちゃくちゃ愛が重いとか」とささやかれる、“学校で噂のヤバイ奴”になってしまった朝彦なのでした。

 入れ替わった相手が「自分のストーカー」という意外な導入に引き込まれ、2人のラブコメにクスっとしたり、沙夜香のつらい過去や一途さにほろっと来たり、彼女を思う朝彦の優しさに感心したり……そしてタイトルを回収するオチが秀逸! 読者からも「オチがべらぼうに好き」「最後のカッコイイ彼氏認定じゃなくてヤバい彼氏認定くらってるところで好きになりました」とオチを評価する声が寄せられています。

「学校で噂のヤバい奴になってしまった」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」