ニュース
» 2019年12月22日 18時00分 公開

「自分はゴジラから離れられない運命」 ファンを代表してゴジラに弔辞を読んだ男が語る、“好きでい続けること”の幸せオタクの幸せ(1/3 ページ)

ゴジラファンとしての道を切り開いた粕谷さんに“ひとつのことを好きでい続けることの幸せ”についてお話を伺いました。

[Kikka,ねとらぼ]

 日本が世界に誇る怪獣王「ゴジラ」を愛し続け、ファンを代表して弔辞を読んだこともあるファンがいます。ゴジラファンとしての道を切り開き、「自分はゴジラからは離れられないんです」と語る「ゴジラ応援団」の粕谷さんに、“ひとつのことを好きでい続けることの幸せ”についてお話を伺いました。


ゴジラ 東宝 川北紘一監督(左)と「ゴジラ応援団」の粕谷さん(右)。撮影所の雰囲気が伝わってくる貴重な1枚

 「自分は決して特別なファンではなく、あくまで皆さんと同じようにゴジラを愛する者です」。そう笑顔を浮かべる粕谷さんはゴジラファンの間で一目置かれている存在です。特によく知られているのが1995年12月24日に有明で行われた「ゴジラの告別式」で弔辞を読んだことで、平成ゴジラシリーズの完結編として公開された映画「ゴジラvsデストロイア」の作中散ったゴジラを、ファン代表として悼みました。


ゴジラ 東宝 ゴジラの告別式で弔辞を読む粕谷さん

 そんなゴジラファン、粕谷さんはいかにしてゴジラファン道を切り開いたのでしょうか。


ゴジラ 東宝 「ゴジラ応援団」の粕谷さん(ホテルグレイスリー新宿のゴジラヘッド前にて取材)

逆境からはじまったファン人生

 5歳ごろに玩具店で見かけたブリキのおもちゃがきっかけでゴジラと出会ったという粕谷さんですが、初めて見た映画は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」(1966年・当時7歳)。怪獣大ブームが巻き起こっていた同世代の中ではやや遅れたゴジラ映画デビューでした。

 「映画館から帰ってすぐにお風呂でエビラ遊びをした」と当時の大興奮を振り返る粕谷さんでしたが、1967年2月に映画「ゴジラ」(1954年)のテレビ初放送を見たことが人生の大きな転機となります。

 「『ゴジラは悪い怪獣をやっつける存在』というイメージが勝手に出来上がっていた自分にとって映画『ゴジラ』はラストを含めて大きなショックを残しました。『これはもしかして現実に現れたゴジラなのか?』と混乱して、そこからゴジラに対する興味がより湧き上がっていきました」と粕谷さん。

 しかし家庭の厳しさに加え、通っていた小学校では担任に「まだ怪獣なんて見ているのか!」とクラス全員の前でさらし上げられたこともあるなど、当時は周囲からの理解が得られにくく、粕谷さんは「いかがわしい物でも見ているかのような目で見られてつらかった」と懐古します。

 それでも好きという気持ちは止められず、新作ゴジラ映画が公開されると集めて回った新聞広告を廊下一面に張り付けるなど、両親へ向けて小さな反抗も。しかし中学に入ると、両親から特撮や怪獣からの卒業を迫られ、「そんなに好きだったら人に認められるような賞でも獲ってみなさい!」と無理難題を突き付けられてしまいました。

 普通なら諦めるところですが、粕谷さんはこの言葉に一念発起。中間試験そっちのけで没頭し、石ノ森章太郎さん、永井豪さんとそうそうたる顔ぶれが審査員を務める雑誌の「全日本怪人・機械獣コンテスト」で準優勝を果たしました。


ゴジラ 東宝 粕谷さんが描いた歴代ゴジラ

 また大学1年生のときには、フジテレビ系特撮番組での怪獣デザインコンテストで入賞。朝のワイドショー「小川宏ショー」(フジテレビ)への出演も果たしました。実家には番組出演を祝う連絡が相次いだことなどから、長く怪獣好きを理解もらえなかった両親も「悪いことをしているわけではないし」とここから本格的に応援に回ってくれるようになったそうです。

 その後は雑誌『GORO』(小学館)の記事がきっかけで「自分と同じような怪獣好きがいるんだ!」と知った粕谷さん。特に最近テレビドラマにもなった「怪獣倶楽部」のメンバーの活躍には憧れると同時に、「衝撃波Q」「PUFF」といった怪獣同人誌の熱量の高いレポートやイラストに驚いたと言います。

 以降は自身も同人活動に取り組むようになったという粕谷さんは当時について、「個人情報の取り扱いがおおらかだった時代に自力で映画関係者を訪ねては資料を探したり、手書きで書き写した資料の内容を元にガリ版で同人誌を刷ったりしたことが、今では良い思い出になっています」と懐かしみました。

「自分はゴジラから離れられない」、運命のいたずらで再びゴジラ熱が再燃

 その後も「アマチュア連合特撮大会」「復活ゴジラ委員会」に携わるなど精力的なファン活動を行っていた粕谷さんでしたが、就職を機にゴジラや特撮とは一つの区切りをつけることに。熱心な活動からは一線を退くこととなりました。

TM & (C) TOHO CO., LTD.

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」