ニュース
» 2020年01月06日 14時50分 公開

「レストランメニューのアレルゲン表記に誤り」ツイート拡散 ホテル舞浜ユーラシアが謝罪

レストランメニューのアレルゲン表記を見て選んだにもかかわらず、アレルゲンが入っていたというツイートが拡散していました。

[ねとらぼ]

 ホテル内のレストランのメニューに、アレルゲンの表記漏れがあったとして、SPA&HOTEL舞浜ユーラシア(千葉県浦安市)が1月6日に謝罪しました。

謝罪文

 レストランの利用客が、レストランメニューのアレルゲン表記を見て中華丼を選んだにもかかわらず、アレルゲンであるエビが入っており、アナフィラキシー症状が出て救急外来にかかったと5日にTwitterに投稿。他のメニューに関してもアレルゲンの誤表記を指摘していました。投稿は拡散され、「信じられません」「本当に許せない」「これならアレルギー表示しないほうがまし」など、レストランに対して批判的な声が多く寄せられました。

 SPA&HOTEL舞浜ユーラシアは、「レストランメニューにアレルゲンの一部表記欠落が有りお客様に多大なご迷惑をお掛け致しました事、ここに深くお詫び申し上げます」と謝罪し、中華丼のアレルゲン表記からエビが漏れていたことを認めました。

 同ホテルは、他のメニューも含めて食材管理などを見直しているところであり、メニューにおけるアレルゲン表記を全品中止するとしています。アレルゲンに関しては担当者に問い合わせてほしいとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.