ニュース
» 2020年01月07日 07時30分 公開

「最新スマホが高すぎて引いた」 スマホ買い替えに漫画に「わかりみしかない」と共感の嵐

最新モデルは画質もカメラも性能もすごいけど……。

[ねとらぼ]

 スマホを買いに行ったら高すぎてドン引きした――という漫画に「わかりみしかない」「まじでドン引きなんですよねぇ」と共感の声が寄せられています。

わかる

 3年間使ったスマホの寿命が尽き、買い替えに来た主人公。店員さんに最新モデルの値段を聞くと「12万円(税別)」、思わず「たっか」という声が漏れます。最新モデルは「カメラがともかく綺麗」「画面も高画質」「サイズも大きい」のですが、主人公がしたいことは「ツ○ッター見たいだけ」。最新モデルではかなりオーバースペックです。

 ブランドにこだわらずに探した結果、別の店で2万円のスマホを見つけた主人公は、「正直これでも十分高い」と思いつつも購入。「操作性がちょっと悪い」「同じアプリが無かったりする」とデメリットもあるものの「十万の差は埋まらない」。どうせ2〜3年で壊れるだろうから10万円は払えない、と割り切ったコメントで漫画は幕を閉じます。

 最新鋭のスマホは確かに高性能で画質もよく、カメラもすごいけれど……その分お値段もかなりのもの。「SNSができればいい」「ネットが見られれば十分」というような人は、ほどほどの性能で手頃な価格の端末のほうがいいですよね。

 「身内が先日、スマホ買い換えに行ったら14万ですって言われ、思わず高いなぁ!と言ってしまったとか」「カメラなんて最低限でいいんだよ、と感じますね」「わかりみしかないです。それでも私はやっぱりあいぽんが使いたいので諦めてローン組んでます…」など、漫画には共感の声や、おすすめのメーカーを挙げるリプライなどが寄せられています。

 作者はTwitterにさまざまな漫画を投稿している木村まつり(@kmatsuri888)さん。先日は「ブラック企業という汚名を返上しようとする会社とそれに苦しまされる労働者」漫画を投稿し、「フィクションなのにリアルすぎる」と反響を呼びました(関連記事)。

画像提供:木村まつり(@kmatsuri888)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン