ニュース
» 2020年01月07日 17時21分 公開

吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり

1号店の伝統の食べ方を全国で販売開始します。

[関口雄太,ねとらぼ]

 吉野家は新メニュー「ねぎだく牛丼」を発表しました。吉野家築地店だけで提供していた「ねぎだく」が、1月8日(水)11時より全国の吉野家店舗にて復活します。


吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり 粋な食べ方が復活

 「ねぎだく牛丼」は、吉野家築地店の独自の食べ方を復活させたもの。92年間の営業を経て、2018年10月6日に幕を閉じた同店舗では、特殊注文「ねぎだく」が親しまれていました。牛丼の肉の量を変えず、玉ねぎを多く盛り付けるスタイルは築地店とお客さんが追求した末にたどり着いた「牛丼のうまい食べ方」です。

 「ねぎだく牛丼」のサイズは小盛から超特盛までの6種類。並盛では、玉ねぎの量が「牛丼並盛」の4倍で、牛肉と玉ねぎの割合は1:2となっています。サイズによっては玉ねぎが丼に乗り切らないので、別鉢で提供するほどのボリュームです。玉ねぎ特有の甘味や食感、牛肉との相性の良さを楽しむことができます。

 ちなみに「ねぎだく」とは、築地店が発祥のメニュー表には記載されない特殊注文。常連客が自分の好みにあわせた牛丼を食べるために特殊注文を生み出し、店舗がその内容に応じた牛丼を提供していたとされています。特殊注文は「ねぎだく」のほかに「つゆだく」や「つゆぬき」など、多様な注文名があったようです。なお「ねぎだく牛丼」の全国販売に伴い、特殊注文として対応していた「ねぎだく」サービスは終了するとのこと。


吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり 全部で6サイズが登場

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた