ニュース
» 2020年01月07日 17時21分 公開

吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり

1号店の伝統の食べ方を全国で販売開始します。

[関口雄太,ねとらぼ]

 吉野家は新メニュー「ねぎだく牛丼」を発表しました。吉野家築地店だけで提供していた「ねぎだく」が、1月8日(水)11時より全国の吉野家店舗にて復活します。


吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり 粋な食べ方が復活

 「ねぎだく牛丼」は、吉野家築地店の独自の食べ方を復活させたもの。92年間の営業を経て、2018年10月6日に幕を閉じた同店舗では、特殊注文「ねぎだく」が親しまれていました。牛丼の肉の量を変えず、玉ねぎを多く盛り付けるスタイルは築地店とお客さんが追求した末にたどり着いた「牛丼のうまい食べ方」です。

 「ねぎだく牛丼」のサイズは小盛から超特盛までの6種類。並盛では、玉ねぎの量が「牛丼並盛」の4倍で、牛肉と玉ねぎの割合は1:2となっています。サイズによっては玉ねぎが丼に乗り切らないので、別鉢で提供するほどのボリュームです。玉ねぎ特有の甘味や食感、牛肉との相性の良さを楽しむことができます。

 ちなみに「ねぎだく」とは、築地店が発祥のメニュー表には記載されない特殊注文。常連客が自分の好みにあわせた牛丼を食べるために特殊注文を生み出し、店舗がその内容に応じた牛丼を提供していたとされています。特殊注文は「ねぎだく」のほかに「つゆだく」や「つゆぬき」など、多様な注文名があったようです。なお「ねぎだく牛丼」の全国販売に伴い、特殊注文として対応していた「ねぎだく」サービスは終了するとのこと。


吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり 全部で6サイズが登場

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン