ニュース
» 2020年01月07日 19時30分 公開

「伝説の建築家・中村青司の代表作」「絶海の孤島の7LDK」 今にも密室殺人が起きそうな「ブックドア不動産」の間取り図がすごい

ミステリ好きは「あっ」となる間取り。

[ねとらぼ]

 何やらいわくのありそうな“物件”を紹介する企画「ブックドア不動産」がTwitterで注目されています。不動産情報のように館が間取り図付きで紹介されているのですが、並ぶ文字は「伝説の建築家・中村青司の代表作」「絶海の孤島の7LDK」など怪しげな文面……。ミステリ好きな人にはもうここでピンと来ているかもしれませんが、いかにも連続殺人や密室殺人が起きそうな間取りです。

ブックドア 一見不動産の物件紹介広告ですが
ブックドア よく見ると不穏な気がする

 ブックドア不動産とは、講談社とトーハンが書店で実施しているブックフェア「ブックドア文庫」の一環。このフェアは、書店の棚にドア付きの紙のボックス「ブックドア」が並んでおり、POPのコメントをたよりにドアを開くと本に出会えるというものです。

ブックドア ドア付きのボックスの中に本が入っています

 ブックドア文庫フェアは講談社文庫の40冊を対象に全国の書店で2019年秋にスタート。好評だったため、12月末から第2弾が実施されています。「ブックドア不動産」は、第2弾から新しく追加されたものです。ミステリー小説では館を舞台にさまざまな事件が起こる“館もの”と呼ばれるジャンルが確立されていますが、講談社文庫の中から館ものの本をチョイスし、登場する館の間取り図を使って不動産の物件情報のようにポップを作っています。

 講談社によると、ブックドア不動産では8冊の“物件”を紹介しているとのこと。例えば、絶海の孤島に建つ7LDKの十角形が特徴的な物件は『十角館の殺人』(綾辻行人)。床の勾配が2〜3%とやや斜めがちの4階建て12LDKの物件は『斜め屋敷の犯罪』(島田荘司)です。他にも備考欄に「冬はアクセス至難」「廊下が長いです/告知事項あり」など不穏な言葉が並ぶ物件ばかりです。

 Twitterでは「不動産に詳しい人に聞きたいのですが、どの物件がおすすめか教えて下さい」「事件が起こりそうな予感」「事故物件ばかり」といった反響を呼んでいるフェア。講談社の担当者にこの紹介方法を思いついたきっかけを聞いたところ、

 「本格ミステリ好きの社員ふたりの雑談中に『館ものって最高じゃない?』『見取り図のある小説って最高じゃないですか?』という話が盛り上がり、『館ものの見取り図を不動産広告にしたら僕たちはめちゃくちゃ素敵だと思う』という結論に至りました。そうした経緯があり、ちょうど2019年の秋から全国の書店で実施し好評をいただいていたブックドア企画の第2弾に盛り込むことになりました」

 との答えが返ってきました。いいミステリオタクだ……。

 ブックドアは講談社文庫のフェアですが、講談社は他レーベルでもタイトルや著者をあえて隠して売り出すフェアを実施しています。講談社タイガとレジェンドノベルスでは、処方箋のように本を進める「よみぐすり」(2019年6月)、ブックカバーに“おたけび”がつづられた「本のおたけび」(8〜9月)に続き、カプセルガチャでオススメの本が出てくる「よみくじ神社」フェアを展開中です(1月中旬に終了予定)。

ブックドア不動産の“物件”

ブックドア 伝説の建築家・中村青司の代表作
ブックドア 住人は、超天才数学家
ブックドア 澄んだ空と、流れ星が名物です
ブックドア オホーツク海を臨む、尖塔付き西洋館
ブックドア あの有名作家が山中に建てたカラクリ館
ブックドア 女性限定物件(宮殿)
ブックドア テニスコート、ゲレンデ、スタジオ付き
ブックドア 学生さんの合宿などにうってつけ!

画像提供:講談社



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」