ニュース
» 2020年01月08日 16時20分 公開

ミスドとピエール・エルメがコラボ! 代表作イスパハンとポン・デ・リングが出会って「ポン・デ・イスパハン」に

間違いなくおいしい全6種類。

[犀川,ねとらぼ]

 ミスタードーナツは1月10日、パティスリーショップ「PIERRE HERME PARIS」で知られるパティシエのピエール・エルメ氏と共同開発した「misdo meets PIERRE HERME パティスリードーナツコレクション」全6種類を発売します。

 ピエール・エルメ氏の代表作「イスパハン」を表現したポン・デ・リングなど、人気作のフレーバーを表現したドーナツがラインアップされています。

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) misdo meets PIERRE HERME パティスリードーナツコレクション

ピエール・エルメ氏の世界観を表現したドーナツ

 「ポン・デ・イスパハン(ローズ&ライチ&フランボワーズ)」(180円/税別、以下同)は、ピエール・エルメ氏の「イスパハン」のローズとライチ、フランボワーズのフレーバーをポン・デ・リングで表現しています。

 ローズ&ライチ風味のクリームがサンドされ、フランボワーズ風味のチョコとフランボワーズ顆粒でデコレーションしています。「イスパハン」のようなピンク色がかわいいドーナツです。

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) 「ポン・デ・イスパハン(ローズ&ライチ&フランボワーズ)」(180円/税別、以下同)

 チーズケーキを元に生まれた「サティーヌ」は、オールドファッションを使った「サティーヌファッション(オレンジ&パッションフルーツ&チーズクリーム)」(170円)に。オールドファッション生地の上にムースのようなチーズクリームと、オレンジとパッションフルーツのジャムがトッピングされています。ビタミンカラーのジャムが食欲をそそる……!

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) 「サティーヌファッション(オレンジ&パッションフルーツ&チーズクリーム)」(170円)

 「キャレマン ショコラ(ショコラノワール)」(220円)は、「ふわり、とろり、かりかり」の食感を組み合わせた「キャレマン ショコラ」を表現したというチョコレートドーナツです。ガナッシュホイップ、ガナッシュクリーム、キャンディングアーモンドがサンドされています。

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) 「キャレマン ショコラ(ショコラノワール)」(220円)

新しいショコラドーナツ

 フランスの焼き菓子「フィナンシェ」をイメージしたショコラドーナツとして、「クロエ(ショコラ&フランボワーズ)」「モガドール(ショコラ&オレンジ&パッションフルーツ)」「プレニチュード(ショコラ&キャラメル)」の3種類が発売します。価格は各230円です。

 どのショコラドーナツにもガナッシュクリーム、ガナッシュホイップ、フランボワーズジャムがサンドされ、それぞれチョコとフランボワーズ、オレンジピール、キャンディングアーモンドがトッピングされています。

 「クロエ(ショコラ&フランボワーズ)」は、ショコラ色の生地にのったフランボワーズの赤が映えるかわいいドーナツです。

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) 「クロエ(ショコラ&フランボワーズ)」(230円)

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) 「モガドール(ショコラ&オレンジ&パッションフルーツ)」(230円)

(ミスドとピエール・エルメ氏のコラボ新商品) 「プレニチュード(ショコラ&キャラメル)」(230円)

※PIERRE HERMEの最後のEはアキュートアクセントを付したE



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」