ニュース
» 2020年01月10日 18時54分 公開

「5Gのケーブルが来てます」 フジテレビが「5G」とWi-Fiの「5GHz」を混同、ネット民からツッコミ殺到 (1/2)

5Gのケーブルとは。

[ねとらぼ]

 1月9日にフジテレビで放送された「直撃!シンソウ坂上」で、第5世代移動通信システム「5G」とWi-Fiの「5GHz帯」を混同した映像が流れ、物議を醸しています。この件についてフジテレビに問い合わせたところ、誤りを認めおわびしています。


5G

 9日に放送された「直撃!シンソウ坂上」では、出演者の女性が「5Gのケーブルが来てます」と発言した他、「日本でも導入予定の『5G』」「2時間の映画も3秒でダウンロードが可能」というナレーションも放送。映像ではルーターとみられる機器に「5G」「2.4G」と表記されていたことなどから、ネットでは「それ次世代5Gの5Gちゃう」「5Gのケーブルとは」などツッコミが殺到していました。

 これについてフジテレビに問い合わせたところ、「番組では、第5世代移動通信システムである『5G』とお伝えしましたが、正しくはWi-Fiの周波数帯である『5GHz帯』でした。確認不足のために誤った情報を放送してしまったことをお詫びいたします」とコメントしています。

 「5G」(ファイブジー)は一般的に、「第5世代移動通信システム」を意味する言葉で、「G」は「Generation」の略称。一方、ルーターなどに表記がある「2.4G」「5G」は周波数帯を意味しており、全く別の意味の言葉となります。今回の映像は、出演者の勘違いがそのまま放送された形だったのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.