ニュース
» 2020年01月11日 08時00分 公開

未成年のキャラを“親目線”で見てしまうオタクな母の漫画に共感の声 「14歳で世界のために戦うのは荷が重い」

親になると、ヒーローもので子どもが危険な目に遭うシーンが怖くなったりしますからね。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 子どもができて以来、未成年のキャラクターを親目線で見てしまう――。オタクな親の思いを描いた漫画が共感を呼んでいます。若者が過酷な運命にさらされていると、物語への興味よりも「心配」が勝っちゃう……。



アイキャッチ 確かに、14歳の肩に「世界」は重すぎる

 作者の“ふるえるとり”(@torikaworks)さんは2児の母。出産以来、漫画に未成年の子が出てくると「食べ盛りじゃん!!」「たくさんおいしいもの食べさせたい」「あったかいおふとんで寝て……健やかに育つといい」などと、子どもを守りたい心ばかり働くようになったといいます。


1P

 14歳が世界のために戦う話を読めば、「荷が重すぎる……!!! 危ないよ」「まわりの大人は何してるの?」とハラハラし通し。ある意味無粋な心配かもしれませんが、作中の人物の運命を人ごとに思えず、我が子のように見て感情移入する気持ちも、また大切なように思われます。

 ふるえるとりさんは「大人と学生の恋」を描いた作品についても、同様に漫画でコメント。子どものころは「大人ってカッコイイ」と思っていた関係性が、現在は不安にしか見えなくなったそうです。最後の「本当にステキな大人は子どもに手を出さないよ」は至言。


2P

 漫画は性別などを問わず、広い層に刺さった様子。「母親になってから、10代に大きな責任を負わせる描写がつらい。まどマギのキュゥべえ許すまじ」「トトロのサツキちゃんに『もっと子どもでいいんだよ……!』って言いたくなる」「エヴァを今になって見ると、シンジくんのまわりの大人がやばいってよく分かる」など、みなさんさまざまな作品を例に挙げて感想を述べています。



画像提供:ふるえるとり(@torikaworks)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む