ニュース
» 2020年01月13日 20時00分 公開

「お水おいしい……!」 オーストラリア火災の熱波から逃れたコアラがお水をゴクゴク (1/2)

助かってよかった。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 オーストラリア火災の熱波から逃れたコアラが水をもらう様子がYouTubeで公開されています。

お水をもらうコアラ

 木の枝に座るコアラに近づく女性。手には水が入った容器を持っています。差し出された水をゴクゴクと飲み始めるコアラ。かなり喉が渇いている様子です。


水を飲むコアラ コアラにお水をあげる女性

 女性が「いいこね」と話しかけると「シュッ」と息を吐くコアラ。それでも逃げ出すことはなく、再び水を飲み始めます。


水を飲むコアラ ゴクゴクと飲んでいます

 動画が撮影されたのはオーストラリア南部の都市、アデレード。車を運転していた女性がコアラを見つけ、自宅からボウルと水を持参して与えたそうです。この日の熱波は45度ほどあり、コアラは疲れたように見えたとのこと。この女性の行動を見て、近隣の人も水をあげだしたとのことです。

 オーストラリアでは2019年9月から大規模な森林火災が発生し、多くの野生動物が危機的状況にあります。同国の環境保護団体「The North East Forest Alliance」によると、火災の影響で北海岸におけるコアラの生息の約30%が消失したとのこと。このコアラも被害にあったうちの1頭と見られます。コアラさん、安全な所でお水をもらえてよかったです。

 この大規模森林火災に対し、オーストラリア政府観光局は公式Twitterアカウントで「広い国土をもつオーストラリアでは、火災の影響を受けていない観光地も多くこれまで同様に旅行を楽しんでいただけます。今後私たちは復興に向けて動きだした被災地の情報も皆様にお伝えしていきます。」と呼びかけており、火災についての最新情報も公開しています。

 現在、多摩動物公園、上野動物園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園では動物たちを救うための募金箱を設置。在日オーストラリア大使館の公式Twitterアカウントは、寄付金の受付先を案内しています。

 

 

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ