ニュース
» 2020年01月14日 19時45分 公開

面白すぎて口コミでジワ売れ中のPS4「十三機兵防衛圏」が品薄状態 アトラス公式サイトにお詫び文

13人の少年少女の物語を追いかけるアドベンチャーゲーム。

[ねとらぼ]

 アトラスから発売中のプレイステーション 4用ソフト「十三機兵防衛圏」(開発:ヴァニラウェア)が品薄になっているとして、アトラス公式サイトに「お詫びとお知らせ」が掲載されました。




 「十三機兵防衛圏」は13人の少年少女の物語を追いかけながら、断片的に語られる情報を元に世界の謎を解き明かすドラマチックアドベンチャーゲームです。

 ある主人公はタイムトラベルSF、ある主人公は少女漫画テイスト、またある主人公は魔法少女モノ風……と、それぞれジャンルの異なる13本の物語が少しずつ絡み合い、1つの真相へと収束していく物語は圧巻のひとこと。

 ロボットを操り怪獣と戦うバトルや、ヴァニラウェアのお家芸ともいえる美麗アートも評価が高く、構想2年・実働4年の苦節6年をかけて生み出された「奇跡の傑作」として、じわじわと口コミで売り上げを伸ばしています。




画像は公式サイトより

 アトラスが発表した「お詫びとお知らせ」では、品薄の状態について「お客様にはご迷惑をお掛けしており申し訳ございません」と謝罪するとともに、「パッケージ通常版は順次出荷を行っておりますので、次回入荷した際に確実にご購入されたいお客様には、ご予約をお勧めいたします。詳しくは各販売店様にお問い合わせ下さい」と予約購入をアナウンスしています。

 なお「プリンセスクラウン 復刻版」を含む「4大先着購入特典」は数に限りがあり、特典が封入されたパッケージ通常版は緑色のシールが目印です。また、ダウンロード通常版および豪華版には1月15日まで付属しています。


特典付きパッケージ(8980円/税別)


1月15日11:00 文章を一部修正しました。 




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10