ニュース
» 2020年01月15日 19時00分 公開

アイスキャンディーやオルガンにそっくり! 大阪の「街の本屋さん」オリジナルのブックカバーに「かわいい」「欲しい」の声

本屋さんに足を運びたくなる。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 大阪・鶴見にある「正和堂書店(せいわどうしょてん)」で、本を購入するともらえるブックカバーが「かわいい」「欲しい!」とTwitterで話題になっています。デザインにこだわったオリジナルのブックカバーはどのように生まれたのか聞いてみました。

 正和堂書店のオリジナルブックカバーは、ブックカバーとしおりをあわせると「アイスキャンディー」や「オルガン」が出来上がったり、書店のおまけとは思えない楽しいデザインが特徴。季節にあわせてデザインを変えているというブックカバーは、書店を経営する家族の1人が自らデザインしているそうです。

正和堂書店のブックカバー しおりがアイスキャンディーの持ち手になっています
正和堂書店のブックカバー オルガンはしおりで鍵盤を表現。落ち着いたカラーもかわいい

 このブックカバーを紹介するツイートがTwitterに投稿されると、そのかわいいデザインに「良い」「どこで買えますか?」「本を読むのが楽しくなりそう」と大きな反響が。紹介ツイートには、1月15日現在、3.9万回以上のリツイートと、12.6万件のいいねが押されています。

 ねとらぼでは、話題のブックカバーのデザインや、正和堂書店のSNSを担当をしている方にお話を伺いました。

――Twitterでブックカバーが話題になっていることは知っていましたか?

 Twitterが盛り上がってることは、知人から「Yahoo!のトレンドに上がっている」という連絡をもらって知りました。正和堂書店のTwitterアカウントでも、2年前からブックカバーの投稿は行っていましたが、Instagramでは盛り上がるものの、Twitterではあまり反響がなく、相性が悪いのかなと思っていたところで……。正直なところ、このタイミングでここまで盛り上がったことには驚いています(笑)。

 Twitterの拡散力ってすごいですね! これだけたくさんの方に知っていただけて、うれしい限りです。

――正和堂書店のブックカバーは、本業の合間に作っていらっしゃると伺いました。普段はどのようなお仕事をされているんですか?

 私自身は、普段は店頭販促物にまつわる企画系の仕事をしています。正和堂書店は家族経営で1店舗のみため、週末だけこちらを手伝っています。

 ブックカバーは、美大卒ということもあり、基本的に自分がデザインして制作しています。もともと、正和堂書店のTwitterやInstagramでおすすめ本の紹介をしていたのですが、本を知ってもらうことはできても、本自体はネットや他の書店でも購入できるので、来店促進の面ではあまり効果がなく……。

 なにか店舗にきてもらえるきっかけをつくれないかと、2年前にオリジナルブックカバーを制作したところ、思いのほか反響をいただけて、今に至っています。

――いままでのブックカバーで、特に人気だったデザインは何ですか?

 1番反響があったのは、2019年の夏に配布していたアイスキャンディーのブックカバーです。色々なメディアに取り上げていただきました。

正和堂書店のブックカバー アイスキャンディーのブックカバーは色とりどりの4種類を展開していました

――現在は、紙袋風のブックカバーとバケットと焼き芋型のしおりを配布していますが、今後新作の予定はありますか?

 今後のブックカバーですが、2月、4月と新作の公開・配布を予定しています。それとは別に、配布予定日は未定ですが、大手オンライン書店さんとのコラボで、ギフト向けのブックカバーの制作をすすめています。

正和堂書店のブックカバー 現在配布中のまるで本物みたいな紙袋風のブックカバー(無くなり次第配布終了)

 ブックカバーがほしいという声は全国からいただいているものの、物流やコストの関係上難しく、ご希望に沿えないのが現実です。正和堂書店では、ブックカバーを欲しいと言ってくださる方に届けるため、協業してくださる企業さんや書店さんを募集しています。

 これからも、TwitterやInstagramでは、今後もブックカバーの情報やおすすめ本の紹介などの情報を発信し続けたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

正和堂書店

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見3丁目6ー12

Twitter:https://twitter.com/SeiwadoBooks

Instagram:https://www.instagram.com/seiwado.book.store/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」