ニュース
» 2020年01月15日 18時20分 公開

“プロジェクションマッピングゴリラ”の発想が天才的 無地のゴリラ像に骨や筋肉が投影され徐々にイケメンへ

身長190センチのイケゴリラ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京芸術大学の卒業作品として制作された、「プロジェクションマッピングゴリラ」の発想が天才的です。白い無地のゴリラ像に映像が投影され、少しずつイケメンゴリラに近づいていく様子がたまりません。



ゴリラゴリラ 暗くして投影開始。じわ〜っとワイヤーフレームが描かれる

ゴリラゴリラ さらに骨や血管などが投影

ゴリラゴリラ 筋肉や皮、体毛が……!

ゴリラ ズームで見たら、あらイケメン

 ベースとなるのは、FRP(繊維強化プラスチック)で作られた190センチのゴリラ像。ワイヤーフレームに始まった映像が、骨格、筋肉へと切り替わるうちに肉付けされ、最後にりりしいゴリラが完成します。制作期間は約3カ月とのこと。

 作者は同学4年生の大友しゅうま(@pirahu_)さん。ゴリラ用アカウント(@ranpan21YouTubeチャンネル)で漫画「イケメンすぎるゴリラ」を展開しており、今回の作品もそれが下地となっています。



 かっこいいゴリラは好評を博し、なかには映画「インビジブル」を連想する人も。なお、作品は東京都美術館の東京芸術大学卒業・修了作品展(1月28日〜2月2日)にも展示するとのことです。

協力:大友しゅうま(@pirahu_)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.