ニュース
» 2020年01月16日 16時00分 公開

養老乃瀧、「ロボット酒場」を池袋で開店へ ロボットが接客、人手不足解消のための実証実験

ロボットに接客されてみたい方はこの機会に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 養老乃瀧は、サービス業におけるロボットの活用を提案する企業「QBIT Robotics」と共同で、ロボットが接客してドリンクを提供する「ゼロ軒めロボ酒場」を1月23日からJR池袋駅南口にて開店します。3月19日までの期間限定。


ロボット酒場 養老乃瀧 QBIT 実証実験 池袋 ゼロ軒めロボ酒場 AI

 居酒屋におけるロボット運用の実証実験としてオープン。取り組みの主な理由として、外食業界で深刻化する人手不足を挙げ、その問題改善に向けた「人とロボットが協働できる現場オペレーション開発」を目指します。

 ロボットは、注文を受けてドリンクを作って提供するだけでなく、「お客様の表情などをくみ取り、話しかけたり手を振るなど楽しい接客」を行うとのこと。具体的には、性別・年齢・表情などを識別するカメラと連携したAIによる適切な話しかけやモーション、さらに接客相手のリアクションも識別し、“笑顔”と“売上”を評価ポイントとして成果を学習。それにより接客スキルが日々向上するとのことです。


ロボット酒場 養老乃瀧 QBIT 実証実験 池袋 ゼロ軒めロボ酒場 AI

 この接客ロボットサービスにより、必要な人手は開店や閉店作業および食材補充のみとなる予定で、1日当たり0.1〜0.3人程度で営業できる見込みとしています。メニューなどの詳細は以下の通り。

「ゼロ軒めロボ酒場」

概要

期間:2020年1月23日〜3月19日

場所:JR池袋駅南口 徒歩2分「一軒め酒場」店内(東京都豊島区西池袋 1-10-15 1F)

営業時間:8時〜24時(ラストオーダー 23時30分)※1月23日のみ17時〜

メニュー:「ロボ生ビール」「スコッチハイロボール」「ロボレモンサワー」「白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ」「ロボと泪とカシスとソーダ」「桃色ロボ想い」

※価格はいずれも1杯500円(税込)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10