ニュース
» 2020年01月16日 09時30分 公開

幻想的で美しい絵をVRに 廃墟になった街並みを描いた絵に入り込む「東京幻想VR」が登場

2Dのイラストとは違う、体感型の美術鑑賞ができそう。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 アート専門のVRメーカー「Visual-Arts」が、廃墟アートで人気のイラストレーター「東京幻想」さんの作品を3DVR化し「東京幻想VR」として配信を開始しました。1月10日よりDMM動画他にて配信開始、全4タイトル、価格は1000円からです。


東京幻想 スチームパンク ファンタジー 崩壊したデパートから差し込む夕陽が美しい「GINZA」

 人が誰も存在しなくなったような廃墟の街並みを、美しくも幻想的に描くことで知られるイラストレーターの東京幻想(@TOKYO_GENSO)さん。人がいなくなったことで緑に覆われてしまった新宿駅を描いたイラストは、大きな話題になりました(関連記事)。


東京幻想 スチームパンク ファンタジー ジャングルのように木々が生い茂り、滝が流れる「SHIBUYA」

 緑化が進んでジャングルのようになった「SHIBUYA」をはじめ、「GINZA」「AMEYOKO」「YOYOGI」の4か所を、3DVRのために描き下ろしています。


東京幻想 スチームパンク ファンタジー 誰もいなくなる前から人々の心が荒んでいたのではと思わせる「AMEYOKO」

 イラストの世界観を体感できるように奥行きや立体感を構築し、音とアニメーション効果を加えています。2Dのイラストだけでは味わえない幻想的な世界に入り込んで、いろいろなことを想像するのも楽しいかもしれません。

 なお1月15日現在、「GINZA」「YOYOGI」の2タイトルに不具合が発覚し、ストアから削除されています。修正対応が終了次第、販売が再開される予定です。


東京幻想 スチームパンク ファンタジー いつ崩れても良いほどになった駅のホームを夕焼けが美しく照らす「YOYOGI」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.