メディア
ニュース
» 2020年01月17日 12時00分 公開

いよいよ登場!! マツダ、CX-30にも夢の新世代エンジン「SKYACTIV-X」搭載の上位モデルを追加 (1/2)

……ちょっと高いけれど「SKYACTIV-X」って何?

[松本健多朗,ねとらぼ]

 マツダは1月16日、クロスオーバーSUV「CX-30」に新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載する上位グレードを投入すると発表。同日に販売を開始しました。

マツダ「CX-30」(写真:マツダ、以下同) マツダ「CX-30」(写真:マツダ、以下同)

 CX-30は、2019年10月にデビューした小型サイズのクロスオーバーSUV(関連記事)。美麗デザインのハッチバック/セダン「MAZDA3」(関連記事)に続き、「立体駐車場に入るサイズ」などの特長とともにデザインと技術の両面を大きく刷新を目指した同社新世代車の第2弾です。

マツダ「CX-30」のリアビュー 「立体駐車場に入る」とする扱いやすいサイズ感を実現

 今回発売した「X」グレードに採用するSKYACTIV-X 2.0エンジンは、既存の2リッターガソリン(SKYACTIV-G)、1.8リッタークリーンディーゼル(SKYACTIV-D)に次ぐ、第3のパワートレイン仕様。これまでのガソリンエンジンではできなかったという独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」を初めて実用化し、ガソリンエンジンの伸びの良さ、ディーゼルエンジンの燃費性能やトルク応答性、それぞれのいいとこ取りをした特性を持つ新世代エンジンだとしています。

 エンジン仕様はハイオクガソリン指定の2リッター直列4気筒NAで、圧縮比は15.0(同社内測定値)。最大出力180馬力(132KW)を6000rpmの比較的高回転域で、また最大トルク22.8kgf-m(224Nm)を3000rpmの低回転域で発生し、24Vのマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」も搭載します。6MT仕様も用意します。

SKYACTIV-X 2.0エンジン SKYACTIV-X 2.0エンジン

 ボディーサイズは4395(全長)×1795(幅)×1540(高さ)ミリ、ホイールベースは2655ミリ。燃費性能はX PROACTIVE(2WD/6MT)でリッター17キロ(WTLCモード、以下同)、X PROACTIVE(4WD/6AT)でリッター15.8キロ。価格はX PROACTIVE(2WD/6AT)で329万4500円(税込)からです。

SKYACTIV-X 2.0エンジン/M Hybridシステムの主な仕様
マツダ「CX-30」のリアビュー マツダ CX-30・SKYACTIV-X搭載グレード 主な仕様と価格
(参考)マツダ「CX-30」その他グレードの主な仕様と価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.