ニュース
» 2020年01月20日 07時30分 公開

好きな漫画やゲームを禁止された子どもはこうなる―― 親元を離れた途端に欲求が爆発する「チョロQ理論」に同意しかない

人は禁止されると……。

[林美由紀,ねとらぼ]

 漫画家のコハラモトシ(@kohara_motoshi)さんがTwitterに投稿した漫画「好きなものを禁止された子供は…」に共感する声が集まっています。18歳未満のゲームやインターネットの利用時間を制限する、香川県の条例(検討中)が話題になったばかりですが、好きな漫画やゲームを禁止されて育った子どもは一体どうなってしまうのか……。



好きなものを禁止された子供は…02 好きなものを禁止された子どもは……


 弟分の「シャテイヌ」の質問や困っていることにアニキ分の「ツッパリス」がスパッと答えてくれる漫画『アニワル』シリーズ。今回は、好きなものを禁止された子どもはどうなるのか……をアニキが教えてくれています。

 好きな漫画やゲームを禁止された子どもは、抑圧によって好きの気持ちを後退させられ、我慢し続ける。だから、親元を離れた時に爆発的なスピードでそれにハマる。アニキはそれを「チョロQ理論」と呼んでいるのだとシャテイヌに説明します。確かに自由を手に入れた瞬間に、親にダメと言われていたことを思いっきりやってしまったりして。これは、めっちゃ分かりやすい!


好きなものを禁止された子供は…01 少し自由を手に入れたら欲求が爆発する

 昔から「見ちゃいけない」と言われると見てしまうというようなお話はよくあるものですが、「ダメ」と言われるとやりたくなるのが人間。それが好奇心の塊である子どもの「好き」を抑圧すると、その反動が大人になって表れてしまうことが多々あるようです。もちろん野放しにするのが良い訳ではないと思いますが、過度な「禁止」は……。アニキのチョロQ理論、よくわかります。

 この漫画の読者からは「現在の自分がその通り」「凄い分かりやすい・・流石アニキ!」「めちゃくちゃわかります!制御が無くなった途端歯止めが効かなくなっちゃうんですよね」「親に『ダメだ』と言われたやつを全部順にやるやつですね」など共感を得ています。



 日常の悩みやモヤモヤをツッパリスが気持ちよく一刀両断してくれる漫画『アニワル』は、昨年12月に単行本1巻が発売されたばかり。また、ツッパリスとシャテイヌのかわいいLINEスタンプ「アニワル『ツッパリスとシャテイヌ』」も販売中です。

画像提供:コハラモトシ(@kohara_motoshi)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」