ニュース
» 2020年01月20日 20時00分 公開

男への恨みで妖怪になった「女郎蜘蛛」の愛と憎しみを描いた漫画 最後に見せた「気まぐれ」が心にしみる

ちょっとホラーな良いお話。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 男から捨てられた恨みから生き血を吸う妖怪になった女が、「愚か」な気まぐれで男を救う漫画に対し、尊さのあまり続編を望む声が続出しています。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇 男への憎しみを、男で晴らすことしかできない妖怪のお話

 男への恨みにより妖怪になった「女郎蜘蛛」。彼女は今まで多くの男を食い殺してきました。そしてまた新たな標的を見つけ、毎晩眠った男の生き血を吸っているのでした。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇

 日に日に衰弱していく彼は、ついに自分では食事を摂ることもできない体に。彼女は吐血するほどに衰弱した男を見て、彼が今までの男のように自分を捨てる頃合いだと思いました。

 これまでの男たちは衰弱し始めると口々に「お前と過ごしてから具合が悪くなった!」「なんかうつしただろ!」「とんだ疫病神だ!」と罵声を浴びせてきたものです。そんな言葉が彼からも飛んでくると思い、それを今かと待ちわびていると……。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇

 「いつもありがとう。君に会えて良かった」彼は彼女を抱きしめながら、罵るどころか感謝を告げたのでした。そんな耳障りが良い言葉を吐いて、いつも男は女を愚かにしていく──。彼の甘い言葉に、なぜか涙が止めどなく流れてくる女郎蜘蛛。

 彼は目が覚めると、なぜか元気になっていました。おそらく彼女が、彼の生き血を吸うのをやめたからでしょう。それは彼のせいで愚かになってしまった女郎蜘蛛の、気まぐれなのでした。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇
krtmgpl 妖怪 愛憎劇

 男との愛で傷つき、男へ執着する妖怪になってしまった女郎蜘蛛。彼女の悲しくも愚かな愛の物語に、彼とのその後を描く続編を望む声が多く届いています。

 また、読者からは「生き血を吸わないと弱ってしまうのでは」「女郎蜘蛛さんの方は大丈夫なのか」と、女郎蜘蛛を心配する声も。これに対し作者は「ご飯とプロテイン食べたらオールオッケー!」と、回答しています。



 作者は漫画家のくろたま(@krtmgpl)さん。現在ジーンピクシブで元ヤンカップルを描いた「キレップルの日常」を、まんがライフ女子部で職場恋愛コメディー「ギャップがエグい後輩にガンガン振り回されているんだが!?」を連載中です。どちらもホラー要素こそありませんが、女郎蜘蛛さんの漫画同様キャラのギャップから来る尊さにあふれた作品になっています。


画像提供:くろたま(@krtmgpl)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」