ニュース
» 2020年01月20日 20時00分 公開

男への恨みで妖怪になった「女郎蜘蛛」の愛と憎しみを描いた漫画 最後に見せた「気まぐれ」が心にしみる

ちょっとホラーな良いお話。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 男から捨てられた恨みから生き血を吸う妖怪になった女が、「愚か」な気まぐれで男を救う漫画に対し、尊さのあまり続編を望む声が続出しています。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇 男への憎しみを、男で晴らすことしかできない妖怪のお話

 男への恨みにより妖怪になった「女郎蜘蛛」。彼女は今まで多くの男を食い殺してきました。そしてまた新たな標的を見つけ、毎晩眠った男の生き血を吸っているのでした。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇

 日に日に衰弱していく彼は、ついに自分では食事を摂ることもできない体に。彼女は吐血するほどに衰弱した男を見て、彼が今までの男のように自分を捨てる頃合いだと思いました。

 これまでの男たちは衰弱し始めると口々に「お前と過ごしてから具合が悪くなった!」「なんかうつしただろ!」「とんだ疫病神だ!」と罵声を浴びせてきたものです。そんな言葉が彼からも飛んでくると思い、それを今かと待ちわびていると……。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇

 「いつもありがとう。君に会えて良かった」彼は彼女を抱きしめながら、罵るどころか感謝を告げたのでした。そんな耳障りが良い言葉を吐いて、いつも男は女を愚かにしていく──。彼の甘い言葉に、なぜか涙が止めどなく流れてくる女郎蜘蛛。

 彼は目が覚めると、なぜか元気になっていました。おそらく彼女が、彼の生き血を吸うのをやめたからでしょう。それは彼のせいで愚かになってしまった女郎蜘蛛の、気まぐれなのでした。

krtmgpl 妖怪 愛憎劇
krtmgpl 妖怪 愛憎劇

 男との愛で傷つき、男へ執着する妖怪になってしまった女郎蜘蛛。彼女の悲しくも愚かな愛の物語に、彼とのその後を描く続編を望む声が多く届いています。

 また、読者からは「生き血を吸わないと弱ってしまうのでは」「女郎蜘蛛さんの方は大丈夫なのか」と、女郎蜘蛛を心配する声も。これに対し作者は「ご飯とプロテイン食べたらオールオッケー!」と、回答しています。



 作者は漫画家のくろたま(@krtmgpl)さん。現在ジーンピクシブで元ヤンカップルを描いた「キレップルの日常」を、まんがライフ女子部で職場恋愛コメディー「ギャップがエグい後輩にガンガン振り回されているんだが!?」を連載中です。どちらもホラー要素こそありませんが、女郎蜘蛛さんの漫画同様キャラのギャップから来る尊さにあふれた作品になっています。


画像提供:くろたま(@krtmgpl)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ