ニュース
» 2020年01月20日 17時00分 公開

郵政カブ、なくなっちゃうの? 日本郵便、ホンダの電動バイク「BENLY e:」を正式導入 新宿、日本橋、渋谷、上野で運用スタート

電動バイクで郵便配達。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 本田技研工業(以下、ホンダ)は、同社の電動バイク「BENLY e:(ベンリィ イー)」が日本郵便の郵便配達業務に導入されると発表しました。2020年1月17日から東京都内4カ所の局で運用がスタートしました。

ベンリィ イー 電動バイク「BENLY e:」

 BENLY e:はホンダが開発したビジネス用電動バイクです。リチウムイオンバッテリーを採用し、走行時にCO2を排出しないためクリーンで静かな環境性能が特徴です。販売開始は2020年4月としていますが、一足早く日本郵政で導入されます。

ベンリィ イー BENLY e: (ロスホワイト)

ベンリィ イー BENLY e: プロ(ロスホワイト)

 車体カラーは、日本郵便が使用している「郵政カブ」のイメージを引き継いだ赤と白。日本郵便では2019年度中に200台を導入する予定で、業務上の実用性を見ながら2020年度中には2000台程度の追加導入を予定。これによって東京都内における郵便配達業務用バイクの2割が電動バイクに置き換わる予定です。

ベンリィ イー スーパーカブシリーズの登場60年を記念した限定モデル「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」。郵便局向けの特別仕様、通称郵政カブと同じ赤色

 BENLY e:が先行的に導入されたのは、新宿、日本橋、渋谷、上野の郵便局で、今後は東京都だけでなく、首都圏の近距離配達エリアにも配備され、一部の地方主要都市の郵便局にも配備されます。

ベンリィ イー あの赤いバイクが電動に

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.