ニュース
» 2020年01月20日 16時45分 公開

昔の喫茶店で見た“おみくじ器”が脚光浴びる 実は岩手県滝沢市だけの製品、ふるさと納税の返礼品にも

部品の1つ1つが手作業のハンドメイドな一品。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔はよく飲食店のテーブルに置いてあった、おみくじの自動販売機。正式には「ルーレット式おみくじ器」と呼ばれるこの機械が、現在も岩手県滝沢市の企業で製造・販売され、当地のふるさと納税の返礼品にもなっていることに、Twitterで驚きの声が上がっています。


占い 喫茶店やラーメン屋でよく見たやつ!(画像提供:魔女っこれいさん)

 話題のきっかけとなったのは、ふるさと納税でおみくじ器を手に入れた魔女っこれい(@majyokkorei)さんのツイート。コインを入れると、巻いたおみくじが出てくるあの丸っこい機械を見て、「昔喫茶店でよく見た!」「子どものころラーメン屋さんで親にせがんだけどやらせてもらえなかった」「隣にGABANのコショウ置きたい」など、懐かしむ声が多数寄せられました。


占い 飲食店風の食器やお品書きまで用意。旅先でふらっと寄るそば屋がこんな感じかも(画像提供:魔女っこれいさん)

 ルーレット式おみくじ器は、北多摩製作所が、日本で唯一製作している、いわば滝沢市の特産品。同社の本業は金属加工業で、おみくじ器は副業といった位置付けですが、会社を支えてくれた時期もあり、それだけに大切にしている製品なのだそうです。


占い 青のバージョンも

 ルーツは当時ブームになっていた「灰皿おみくじ器」。ドライフラワーを入れたり形を変えたり試行錯誤を繰り返して、ルーレットをとりいれた現在の形になったといいます。金型も製法も昭和から変わらず、60以上の部品を1つ1つ手作業で組み立てているそうです。


占い占い 中身のおみくじまで全部手巻きと、ほぼほぼハンドメイド

 返礼品のおみくじ器は、名物の滝沢スイカやチャグチャグ馬コがフィーチャーされた特別バージョンで、ふるさとチョイスにて取り扱われています。


占い 3万円以上の納税でもらえます(詰め替え用おみくじ付きは5万円以上)

 滝沢市の企画総務部財務課ふるさと納税担当者を取材したところ、おみくじ器は2015年度のふるさと納税立ち上げ時から毎年掲載していたとのこと。申し込み数は例年で20件弱のところ、Twitterで話題になって以来若干申し込みが増え、2019年度は全バージョンで30件に達したとのことです。

協力:魔女っこれい(@majyokkorei)さん/岩手県滝沢市企画総務部財務課


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」