メディア
ニュース
» 2020年01月20日 17時15分 公開

正社員40万人のデータを集計した「平均年収ランキング2019」 全体平均は408万円、やっぱり強い「専門職」

生涯賃金も大きな差がつきます。

[ねとらぼ]

 パーソルキャリアは1月20日、転職サービス「doda」に登録した約40万人のデータを元にした「平均年収ランキング2019」を発表しました。2019年の平均年収は408万円で、職種別では「金融系専門職」「専門職」系が高いという結果でした。

フォト 自分の業種・職種の平均年収は……(イメージ)

 18年9月〜19年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した、正社員として働く20歳〜65歳の約40万人のデータをまとめたものです。平均年収は支給額(手取りではなく)で集計しています。

 職種別では全167職種のうち、1位は「投資銀行業務」(843万円)、2位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(720万円)、3位は「内部監査」(709万円)という結果。「金融系専門職」と「専門職」系がトップ10の半数を占めました。

 業種別では、全96業種のトップ10のうち、9業種が「メーカー」「金融」「メディカル」系。1位は昨年と同じ「金融」系の「投信/投資顧問」(648万円)。18年から191万円ダウンと全業種で最大の下落額ではあったものの、トップを維持しました。2位には「メディカル」系の「医薬品メーカー」(600万円)、3位にはメーカーの「たばこ」(591万円)が続きました。

フォト 職種別平均年収ランキング上位50
フォト 業種別平均年収ランキング上位50

 年代別では、30代で10万円、40代で21万円、50代以上では23万円のダウン。ただ、20代男性のみ18年から2万円アップでした。依然として男女の差も大きくなっています。

 都道府県別では、1位の東京都(438万円)など上位6位までを首都圏が占めました。18年より金額が増えたのは13県のみで、特に徳島県は20万円アップだったとのことです。

フォト 都道府県別平均年収ランキング
フォト 年代別ランキング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.