インタビュー
» 2020年01月21日 17時45分 公開

究極の自己紹介だこれ オタク向け婚活イベントに「DLsiteの購入履歴を見てもらう用タブレット」を置いたら何が起こるのか

DLsiteの婚活イベントで実施。ちなみに、2月開催の第2回も用意する予定。

[ねとらぼ]

 2019年、2次元コンテンツ販売サイト「DLsite」がオタク向け婚活イベントやったんですよ、婚活イベント。そしたら、なぜか“他人に同サービスの購入履歴を見てもらう用タブレット”を設置する斜め上の試みが行われていた、と。

 もうね、意味がね、分からないよと。「自分が好きなものを他人に教える」というのは、自己紹介の定番でありながら、次会うとき、相手にマークされかねない危険を伴うもろ刃の剣。「趣味は映画鑑賞」「音楽鑑賞」などと無難に伝えることさえあるのに、趣味は趣味でも、かなり個性が出るオタク向けコンテンツの“趣味”をダイレクトに他人に伝えるというこのアプローチ、素人にはオススメできない究極の自己開示ともいえるかもしれません。

 そもそもオタク向けの婚活イベントなわけですから、もしかしたら一発で同志が見つけられる選択肢かもしれないけど……というこの自己紹介の仕方、実際に行った強者はいたのか、運営担当のIさんに話を伺ってみました。




特設サイトに掲載されている第1回「恋カツ×婚活オフ会」レポ漫画。なお、「ツイッターでながれていた噂」については本記事内で後述

――― 第1回「恋カツ×婚活オフ会」で用意された、“購入履歴を見てもらう用タブレット”、実際に利用していた参加者は?

 そもそもの話をすると、“購入履歴を見てもらう用タブレット”は当初から予定していたものではありませんでした。

 イベントの告知をした際に、SNS上で「DLsiteの購入履歴を見せて婚活するの?」というネタコメントが現れていたんですね。それで盛り上がっているのを拝見しておりましたので(ありがたい限りです!)、「みんなそんなに期待しているなら、是非とも用意せねば!」と準備万端で臨みました。iPadを用意して、見せたい方が自分から見せられるようにしたんですね。

 ですが、会の冒頭でそのアナウンスしたところ、『カイジ』張りのザワザワと笑いに包まれ、使用される方はいらっしゃいませんでした。

 ただ“普通の婚活イベント”と違って「年収は?」「年齢は?」といった初対面同士の糸口をつかもうとする会話はあまりなく、日常のこと、ハマっているジャンルやオススメの作品、クリエイター活動などを話している方が多かったですね。

――― 好きな作品、ジャンルなどの話をする人は多かったものの、さすがに購入履歴を人前で公開する強者はいなかった、と

 「本棚を見ると、好みや思考が分かる」と言われますが、みなさまの秘密の本棚と位置付けていただくことも多いDLsiteの購入履歴は、より深くて濃い情報を秘めていますので……公にするのに慎重になられるのもごもっともだな、と感じました。

 一言で言えば、「にぎやかなオフ会」のような雰囲気でしたね。「購入履歴の公開」というショートカットを使わなくても、お互い話しているうちに自然と距離感が縮んでいき、共通の言語があればそれで盛り上がり、仲を深められている印象でした。

 こういった「恋カツ・婚活」イベントに参加されるのが初めてという方が多かったのは意外でしたが、「『DLsite』主催だから間口が広く感じた」といったお声があり、うれしかったです。

――― そもそも「DLsiteで婚活」という組み合わせに驚いている人もいましたが、カップルは成立したのですか?

 詳細な統計はとっていないのですが、「お付き合いがはじまりました!」とご報告をくださった方も。連絡先の交換をされた方、連れ立って二次会へ行かれた方もいたとお伺いしています。このイベントが何かしらの「出会い」のきっかけにつながっていましたら、スタッフ一同うれしく思います。


 ちなみに、第1回は想定を超える応募数となり、2月29日には第2回が開催されるとのこと。応募状況にもよりますが、第2回の募集は2月5日まで行われる予定となっています。詳細は特設サイトからご確認ください。

 今回は参加者からの意見を踏まえ、短時間で席替えしながらいろいろな人と会話していくいわゆる“お見合い回転寿司”の実施、連絡先のスムーズな交換などを目的に「連絡先カード」を配布するといった変更を行うそうです。

 “購入履歴を見てもらう用タブレット”は第2回のイベントでも引き続き用意するとのことで、「主催が積極的にオススメすることはありませんが、もしチャレンジされたい方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくスタッフにお申しつけください!(笑)」とIさん。

 ちょっと恥ずかしい気もしますが、結局のところ、オタク同士で好きなジャンル、作品などの話で盛り上がったら、どんな作品を買っているのかは何となく分かるわけで。DLsiteの購入履歴を直接見せるというのは、いわば“オタクとしての自己紹介における究極のショートカット”といえるかもしれません。

 ただし、同サービスの婚活イベントでは「主催が積極的にオススメすることはありません」とのことですが(大事なことなので2回言った)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」