メディア
ニュース
» 2020年01月21日 13時00分 公開

奈良市職員が駅のホームを飛び移る動画が拡散され物議 市は謝罪のうえ「厳正に対処」

走り幅跳びで隣接ホームへ渡ろうと試みて失敗し、線路に落ちる様子が収められていました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 奈良市の職員が近鉄奈良駅のホームを飛び移ろうとする、危険な動画がSNSへ投稿されていた件について、同市が公式サイトに謝罪文を掲載しました。危険行為をわびるとともに、「職員の処分について厳正に対処する」と述べています。


動画 当該の動画はInstagramへ投稿されたのちに転載が重ねられ、主にTwitterで拡散(編集部で一部加工を加えています)

 動画は当事者がInstagramに投稿したもの。当該職員が走り幅跳びで線路を飛び越え、隣のホームへ飛び移ろうとして失敗し、線路に落ちてはい上がる様子が収められていました。「奈良市役所職員こんなんで大丈夫か?w」との文言も載っており、奈良市も映っているのは同市の職員であると認めています。

 NHKの報道によると、動画は職員の友人が閲覧者限定で投稿したもので、拡散した理由は分からないとのこと。転載されたツイートには、「奈良の恥」「線路への立ち入りは犯罪」「鉄道会社によってはレール沿いの高圧線が敷かれていて危険」など、厳しい声が多く上がりました。

 当該職員は「ホームを飛び越えるなどの行為は、やってはいけないことで動画を見たかたが同じようなことをする危険性を考えると、自身の行動が軽率であったと反省するとともに、奈良市の信用を失墜することにもつながることだと認識しています。あらためて、公務員として責任ある行動を心がけなければならないと思っています」とコメント。上司とともに近鉄奈良駅を訪問し、謝罪したとのことです。


謝罪文 奈良市の謝罪文

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.